お寄せ頂いた中小企業の海外展開に関する相談をご覧頂けます

  • 登録企業数 718
  • 登録相談数 109
  • 登録イベント数 649
  • ブログ投稿数 1,069
SWBSトップ > 海外展開について相談する > 事業承継M&Aの実行 当社単独による中国事業へ...

海外展開について相談する

当サイトに寄せられた海外展開についての相談です

マッチング販路開拓営業支援テスト販売
中国

事業承継M&Aの実行 当社単独による中国事業への進出と展開は困難と思料し、下記のとおりお願い申し上げます。 -記- (趣 旨) 本年3月、新たに法律化された中国法規(処理後残土の含油率:2wt%以下)に則りその膨大な原油スラッジの処理要求に伴い、当社ジェットリサイクルシステム(以下「本JRS」、1㌧/hr.処理)の現地実証とその新規受注の生産対応を要請します。 2. 中国のみならず世界の産油国から種々問合せと共に、質疑応答中にあります。漸くですが、環境改善の大型国策事業が具現化傾向です。 (概 要) 1.当社は、主に経産省・外郭団体等から再々に渡る政府公募支援を賜わり今日に至っております。 既設の本JRSまで20数年の研究・開発を経て、改善改良のうえ実証実験を行ってきました。 産油国において大量発生の原油スラッジや現在まで未処理堆積・放置状態にある原油スラッジ等の浄化処理プラントとして、瞬時に残土(処理後残土の含油率:1wt%以下)・油・水に分離回収し再利用を図る本JRSをほぼ完成させました。 2.中国では原油スラッジや汚水、環境問題等の浄化基準が法律化され、その対策が急務とのこと。原油スラッジの処理方法については、2年以内に目処を立て中国政府に報告する必要に迫れているとのことです。  注)中国の原油スラッジ発生量:(推)52.7万トン/年間、今までの滞留分は含まず、 3.産油国における現地調査やプレゼンの結果、その現地処理はオイルレイクに放流・放置が主流であり、燃焼或いはランドファーミング(天日乾燥)によって環境汚染に繋がっている。その有効な処理プラントが見当たらない。 4.依って、「事業承継M&Aの実行」と「更なる本JRSの革新技術」を持って、地球環境の浄化と改善を図る社会貢献にご支援ご協力を賜りたく存じます。 (神奈川県横浜市中区弥生町)
国旗
応答企業・団体 他1社


2017年12月18日 4:54 PM  閲覧数 : 848
<相談主情報>
・業種:産業廃棄物処理機器の開発・製造・販売及び輸出入
・取扱製品等:原油スラッジの浄化処理装置(ジェットリサイクルシステム)
・従業員数:0〜5人
・資本金:5000万円〜1億円

応答企業の応答内容は非公開となっております。
同様の案件でお悩みの場合は応答内容について応答企業へ直接ご連絡いただくか、
新規相談としてこちらからご投稿ください。