SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 712
  • 登録相談数 105
  • 登録イベント数 637
  • ブログ投稿数 1,008

TP&Pコンサルティング合同会社の記事一覧

このページではSWBS登録企業が執筆したブログ記事を閲覧することができます。参考になった記事は気軽にイイネボタンを押してください。

【活動報告】SWBS北海道セミナーに参加
このたび、2月28日にSWBS主催の北海道セミナーに参加してきました。 会場は札幌でしたが、道内各地から数多くの経営者様にご参加いただきました。主に道内産の食品やバイオ技術を中心とした特色ある商品を海外...
投稿者 : TP&Pコンサルティング合同会社 更新日時 : 2018-05-07 17:27:43
 ロゴ
3
台湾所得税法改正③~その他
このたび、台湾では国際的競争力と租税公平性の観点から所得税法の一部改正案につき2018年1月18日付で決議し、2018年1月1日に遡及して施行されることとなりました。 個人事業主及びパートナーシップ組織につい...
投稿者 : TP&Pコンサルティング合同会社 更新日時 : 2018-05-07 17:11:25
 ロゴ
1
台湾所得税法改正②~個人所得税引下げ
このたび、台湾では国際的競争力と租税公平性の観点から所得税法の一部改正案につき2018年1月18日付で決議し、2018年1月1日に遡及して施行されることとなりました。 今回の改正により個人所得税の控除額の引上...
投稿者 : TP&Pコンサルティング合同会社 更新日時 : 2018-05-07 17:10:05
 ロゴ
3
台湾所得税法改正①~法人税20%に引上げ
このたび、台湾では国際的競争力と租税公平性の観点から所得税法の一部改正案につき2018年1月18日付で決議し、2018年1月1日に遡及して施行されることとなりました。 今回の改正により法人税率と配当課税(源泉...
投稿者 : TP&Pコンサルティング合同会社 更新日時 : 2018-05-07 17:07:13
 ロゴ
2
台湾で営業活動する②~課税関係
近年、個人事業主や中小企業レベルでも増えてきた日本人の台湾での営業活動についてお問い合わせが増えてきましたので①就労許可証と②税金の二つの側面から留意点をご説明したいと思います。まずは②課税関係をご説...
投稿者 : TP&Pコンサルティング合同会社 更新日時 : 2018-05-07 17:06:27
 ロゴ
2
台湾で営業活動する①~労働許可証
近年、個人事業主や中小企業レベルでも増えてきた日本人の台湾での営業活動についてお問い合わせが増えてきましたので①就労許可証と②税金の二つの側面から留意点をご説明したいと思います。まずは①就労許可証から...
投稿者 : TP&Pコンサルティング合同会社 更新日時 : 2018-05-07 17:02:05
 ロゴ
1
外国人新卒者の台湾での雇用
台湾で大卒の外国人(日本人等)を採用する場合、最低2年以上の就業経験が必要(グローバル企業での就業経験の場合1年以上)ですが、台湾の大学を卒業した場合には台湾での就業要件を特別に緩和し、就業経験がな...
投稿者 : TP&Pコンサルティング合同会社 更新日時 : 2018-05-07 17:01:20
 ロゴ
3
台湾進出日系企業_2月
台湾経済部の公開情報によれば、2018年2月の新規設立登記件数は2,464件、うち、日系資本は20件となっています(許認可ベース)。 日系資本の会社形態別では、株式会社が40%、有限会社が30%、支店が30%とな...
投稿者 : TP&Pコンサルティング合同会社 更新日時 : 2018-05-07 17:00:16
 ロゴ
2
台湾進出日系企業_3月
台湾経済部の公開情報によれば、2018年3月の新規設立登記件数は4,315件、うち、日系資本は22件となっています(許認可ベース)。 日系資本の会社形態別では、株式会社が36%、有限会社が45%、支店が14%、駐...
投稿者 : TP&Pコンサルティング合同会社 更新日時 : 2018-05-07 16:59:10
 ロゴ
1
台湾における解雇手当
まず台湾では、原則、会社都合による従業員の解雇について労働基準法で別途定めた要件に該当する場合を除き、合理的な理由のない解雇は認められません。 ここでいう合理的な理由とは、例えば会社の組織再編や業...
投稿者 : TP&Pコンサルティング合同会社 更新日時 : 2018-05-07 16:58:15
 ロゴ
0
日台租税取決めで所得税が還付されるケースとは?
台湾の所得税法上、非居住者日本人が台湾に91日以上滞在すると、日本払い所得分について申告する義務が生じますが、日台租税取決めの短期免税規定により、次の三つの要件を満たす場合には、台湾側での課税が免除...
投稿者 : TP&Pコンサルティング合同会社 更新日時 : 2018-05-07 16:57:00
 ロゴ
0
本社従業員の台湾出張に係る費用計上
台湾現地法人設立準備段階やその後の現法サポートに際して、日本本社の従業員が台湾子会社に出張で業務を行うことはよくあります。 例えば、台湾現地法人の従業員の出張費(旅費交通費)は台湾現法で費用計上...
投稿者 : TP&Pコンサルティング合同会社 更新日時 : 2018-05-07 16:54:57
 ロゴ
0
【活動報告】勉強会講師を務めました
7月7日にJoe’sビジネスセンターのコミュニティカレッジにて、海外ビジネスセミナー「今年こそは海外ビジネスを~少人数制勉強会(入門編)」で講師として務めさせていただきました。 海外進出初心者向けとして...
投稿者 : TP&Pコンサルティング合同会社 更新日時 : 2017-10-10 14:05:16
 ロゴ
11
台湾の健康保険加入とカード申請
台湾の健康保険制度「全民健康保険」は1995年3月1日より発足したもので、強制的社会保険として位置付けられています。 従って、下記に該当する場合には必ず所定の手続に基づく加入・納付義務が発生し、怠った場...
投稿者 : TP&Pコンサルティング合同会社 更新日時 : 2017-10-10 14:04:15
 ロゴ
6
台湾における変動労働時間制採用時の休日勤務について
サービス業を中心にシフト制を採用する日系台湾法人から、いわゆる暦の休日出勤時の給与計算についてご質問を受けております。 台湾では、変形労働時間制における休日の考え方は以下のとおりです。 法定休...
投稿者 : TP&Pコンサルティング合同会社 更新日時 : 2017-10-10 14:03:01
 ロゴ
5
来年度より台湾における海外通販の無税輸入限度額が2千元に
台湾財政部は、2018年1月1日より海外通販サイトの無税輸入限度額を従来のNTD3,000からNTD2,000への引下げを発表しました。今後は国内事業者との公平性を勘案し、免税額は徐々に撤廃する方針とのことです。 最...
投稿者 : TP&Pコンサルティング合同会社 更新日時 : 2017-10-10 14:01:44
 ロゴ
7
台湾会社法上の役員の個人責任~董事
多くの日系台湾法人では、日本親会社が100%株式を保有するため、親会社の役員または一般従業員が台湾法人の役員に就任する(または任命される)ケースがあるのではないでしょうか。 台湾会社法第23条2項によ...
投稿者 : TP&Pコンサルティング合同会社 更新日時 : 2017-10-10 14:00:57
 ロゴ
6
台湾会社法上の役員の個人責任~監査人
前回のログでは取締役(董事)についてご説明いたしました。監査役(監査人)も基本的には23条の忠実義務及び善管注意義務がありますので対第三者への連帯責任義務は同様に存在します。( )は台湾会社法参照条...
投稿者 : TP&Pコンサルティング合同会社 更新日時 : 2017-10-10 13:59:30
 ロゴ
5
台湾における慶弔費の経費処理
台湾でも日本と同様に、法人名義で祝儀や香典などを支払うケースはよくあります。一般に、業務上の経費を精算するときには領収書が必要ですが、冠婚葬祭の場では領収書が発行されないことがほとんどです。 式...
投稿者 : TP&Pコンサルティング合同会社 更新日時 : 2017-10-10 13:58:38
 ロゴ
6
台湾における健康診断実施義務
日本では、従業員を雇用すると原則、健康診断を受けさせる義務が生じます。台湾も同様に「職業安全衛生法」及び「労工健康保護規則」に規定があります。検査結果は会社で7年間保管することが義務付けられています...
投稿者 : TP&Pコンサルティング合同会社 更新日時 : 2017-10-10 13:57:42
 ロゴ
6