SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 721
  • 登録相談数 99
  • 登録イベント数 619
  • ブログ投稿数 964

さくらクリニックの記事一覧

このページではSWBS登録企業が執筆したブログ記事を閲覧することができます。参考になった記事は気軽にイイネボタンを押してください。

<自分で自分を縫うって・・>小学館@DIME連載執筆
[小学館@DIME ] 院長執筆しました! 院長自身の実話体験談です!  医療従事者でもなかなか遭遇することはありません。 宜しければご覧下さい! https://dime.jp/genre/545978/ #DIME #小学館 #縫合...
投稿者 : さくらクリニック 更新日時 : 2018-06-22 15:11:21
 ロゴ
2
夏の海外出張・留学・インターンシップに重要なコト!
7月~9月は、海外出張(視察)・留学・インターンシップで海外に行かれる方がとても増える季節です。  学生が行くインターンシップ渡航先などによっては、ワクチン接種済み書類の提出が必要な場合もあります(...
投稿者 : さくらクリニック 更新日時 : 2018-06-17 18:40:48
 ロゴ
2
執筆情報<日焼け止め>
日差しが強くなる季節ですね。  当院院長が、 『日焼け止めの生活シーンに合わせた選び方と注意点/くすりの相談室』 https://kusuri-soudan.com/how-to-choose-sunscreen-16718/  執筆を致しました。  海...
投稿者 : さくらクリニック 更新日時 : 2018-06-14 17:27:11
 ロゴ
3
麻疹(はしか)の流行と海外渡航について
2018年3月に台湾から沖縄に旅行に来られた方からの"麻疹(はしか)"感染がニュースなどで話題になっています。  症状などの詳細や対応は、「国立感染症研究所」HPなどをご覧下さい。  WHO(世界保健機関)が2...
投稿者 : さくらクリニック 更新日時 : 2018-04-26 13:58:06
 ロゴ
3
エコノミークラス症候群を防ぐ?
[“エコノミークラス症候群”を防ぐには!?]   海外出張などで気を付けたい、 「エコノミークラス症候群(旅行者血栓症)」について、当院院長が執筆を致しました。    歴史や予防策など、地域を問わず世界に...
投稿者 : さくらクリニック 更新日時 : 2018-01-26 13:57:16
 ロゴ
8
海外でも"低温やけど"は要注意!?
寒い場所に旅する際に役立ちますよ〜! を 院長が執筆しました。 出張や赴任時にも注意をして下さいね!! "低温やけど"、意外にというより、結構怖いですよ。 参考にして下さいね! https://kusuri-soudan...
投稿者 : さくらクリニック 更新日時 : 2018-01-17 13:07:18
 ロゴ
7
海外出張・赴任には、インフルエンザ予防接種は必要か??
[海外出張や赴任にインフルエンザ予防接種は必要か??] 日本では、季節性インフルエンザは「低温度低湿度」な冬のシーズンに流行すると考える人が多いです<日本と季節が逆の国では、日本の夏~秋に流行すること...
投稿者 : さくらクリニック 更新日時 : 2017-09-28 09:56:03
 ロゴ
7
海外のプール・海でも要注意!!海上保安庁HPにて"水難事故予防と対策"執筆が掲載
当院院長が執筆した『水難事故の予防と対策』が、「海上保安庁HP 海の事故防止対策」に掲載されました。 http://www6.kaiho.mlit.go.jp/info/marinesafety/jikotaisaku/leisure/pdf/170802_avoidaction.pdf ...
投稿者 : さくらクリニック 更新日時 : 2017-08-26 14:22:43
 ロゴ
13
海外渡航では、特に注意したい「○○風」!?
~海外渡航では、特に注意したい「○○風」!?~ 答えは「破傷風」。 「破傷風菌」は世界中の土の中にいます。大きなケガだけではなく、釘や竹・木片など「医師に診てもらう必要が無い」と感じる小さな傷でも感染...
投稿者 : さくらクリニック 更新日時 : 2017-08-01 18:55:02
 ロゴ
14
「白い粉薬」は要注意!?
日本では、「白い粉薬」って風邪の時などで、医療機関から処方されることがあるのです。 ところが、海外では「白い粉薬=違法薬物では?」と疑われることがあります。違法でない物は、空港や税関で最終的に「問題...
投稿者 : さくらクリニック 更新日時 : 2017-05-25 15:30:18
 ロゴ
28
海外に持って行くべき「薬」&海外での薬との付き合い方!?
海外渡航先で体調を崩しては、業務に支障が出てしまいます。日本と異なる「環境の変化やストレス」も大いに関係しますが、個人差も大きいのが事実です。「日本から薬を持参する、困ったら現地の医療機関を受診す...
投稿者 : さくらクリニック 更新日時 : 2017-04-13 17:13:13
 ロゴ
50
「特別機内食」は活用出来るの!?
飛行機の旅の楽しみが"機内食"。国内線から一部を除き機内食が消えてしまったのは非常に残念ですね。幸い「国際線」では一部LCC(格安航空会社)を除き、機内食が提供されていることは何よりですね。 この機内食...
投稿者 : さくらクリニック 更新日時 : 2017-04-07 19:53:53
50
海外でもし「事件や事故」に遭遇したら??
先日、英国ロンドンで「死者数名、負傷者数十名」が犠牲となる事件が発生しました。犠牲になられた方々や関係者の皆様に謹んで哀悼の意を表します。 渡航先で、事件や事故に遭遇する機会は皆無とは言えません...
投稿者 : さくらクリニック 更新日時 : 2017-03-25 18:06:32
 ロゴ
43
海外でケガをしている日本人の数は分かります?
日本人の海外渡航者数は、2015年度「1,621万人」その内、死亡者数533人、負傷者数328人(外務省海外援護統計/外務省領事局海外邦人安全課2015年発表資料)。この統計は、あくまでも「在外公館(大使館)から報告...
投稿者 : さくらクリニック 更新日時 : 2017-03-22 18:07:51
 ロゴ
40
若い人なら、渡航医療は関係無い!?
日本で既に持病を持たれる方が異国に行かれる場合、比較的慎重に対策を行う傾向があります。ところが、若い人の場合、「自分は大丈夫!安全な場所への渡航だから関係無い」と考えがちです。年齢が若いから無関係...
投稿者 : さくらクリニック 更新日時 : 2017-03-15 18:41:38
40
「渡航医療・旅行医療」って何??
「渡航医療・旅行医療」という言葉は、聞き慣れない方も多いことでしょう。 「渡航医療・旅行医療」は、「"旅を安全で快適にする"」新しい医学分野です。仕事・プライベート、海外・国内、短期滞在・長期滞在、...
投稿者 : さくらクリニック 更新日時 : 2017-03-15 18:13:37
 ロゴ
43