海外展開に関する事例やノウハウ、レポートを掲載しております。

  • 登録企業数 605
  • 登録相談数 67
  • 登録イベント数 337
  • ブログ投稿数 322
このウィンドウは当サイトを始めて訪問された方に表示しております
close

海外展開の事例・ノウハウ

海外展開を進めている企業様の事例やそのノウハウをご紹介いたします。

カテゴリー
ノウハウ・Howto
レポート
事例
アーカイブ
2017年08月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年04月
【レポート】 台湾のモール・ECサイトまとめ-その1(PChome、Yahoo奇摩、博客来)
台湾
海外EC販売手法

PChome、Yahoo奇摩、博客来  紹介


11/102016
2016/11/10
【レポート】 【中東ビジネスのヒント】第3回 GCC市場で代理店を起用する場合の留意点は?
中東
国の概況と動向


11/032016
2016/11/03
【レポート】 韓国のモール・ECサイトまとめ-その2(OliveYoung、SSG.com)
韓国
海外EC販売手法

OliveYoung/SSG.com 紹介


10/272016
2016/10/27
【レポート】 【中東ビジネスのヒント】第2回 GCC市場向けに製品の輸出・販売を希望していますが、どのような手順を踏むべきか? 
中東
国の概況と動向


10/202016
2016/10/20
【レポート】 韓国のモール・ECサイトまとめ-その1(11street、Interpark、Naver)
韓国
海外EC販売手法

11street/ Interpark/Naver 紹介


10/132016
2016/10/13
【レポート】 【中東ビジネスのヒント】第1回 GCC市場向け消費財輸出を目指したいが、どの市場から入るべきか?
中東
国の概況と動向


10/062016
2016/10/06
【レポート】 【中東ビジネスのヒント】中東でのビジネスチャンスを知る。
中東
国の概況と動向


10/062016
2016/10/06
【レポート】 シンガポールのモール・ECサイトまとめ-その2(Redmart、Reebonz、HipVan、Jrunway)
シンガポール
海外EC販売手法

Redmart、Reebonz、HipVan、Jrunway 紹介


09/292016
2016/09/29
【レポート】 シンガポールのモール・ECサイトまとめ-その1(Qoo10.sg、LAZADA.sg、ebay.com.sg)
シンガポール
海外EC販売手法

Qoo10.sg / LAZADA.sg /ebay.com.sg  紹介


09/152016
2016/09/15
【レポート】 アメリカ二大モールのまとめ(Amazon.com、ebay.com)
米国
海外EC販売手法

Amazon.com/ebay.com 紹介


09/012016
2016/09/01
【ノウハウ・Howto】 中国越境EC進出の成功には代行会社の活用が重要か!?
中国
海外EC販売手法

越境ECというと、日本にいながらにして、中国で手軽に販売できるという印象を受けてしまいがちだが、その本質は中国ビジネスそのものとなんら変わりがない。


08/182016
2016/08/18
【レポート】 中国のモール・ECサイトまとめ-その2(Tmall Global、1688.com、Alibaba.com)
中国
海外EC販売手法

天猫国際(Tmall Global)/1688.com/Alibaba.com 紹介


08/042016
2016/08/04
【レポート】 中国のモール・ECサイトまとめ-その1(GL Plaza、KJT.com、JD Worldwide)
中国
海外EC販売手法

京東全球購(JD Worldwide) /GL Plaza/跨境通(KJT.com) 紹介


07/212016
2016/07/21
【レポート】 越境EC、海外進出における主要6か国の比較~配送環境~
アジア
北米
中南米
欧州・ロシア
中東
オセアニア
その他
海外決済方法
海外物流・配送方法

物流手段は一般貿易モデルを含めると大きく分けて4つのモデルがあり、
それぞれ配達(発送)にかかる時間とコストの面でメリットとデメリットが存在している。


07/072016
2016/07/07
【レポート】 越境EC、海外進出における主要6か国の比較~各国基礎情報編~
中国
台湾
韓国
シンガポール
米国
オーストラリア
国の概況と動向

急速な利用率増加に見える、中国インターネットビジネス拡大ポテンシャル
・中国では、モバイル端末の普及により、急速にインターネット人口が増加。未だ利用率が50%であることを鑑みると、今後の拡大ポテンシャルは大きい。
・他5ヶ国についてはすでに80%以上の利用率となっており、今後の増加は減速傾向。


06/302016
2016/06/30