SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 637
  • 登録相談数 79
  • 登録イベント数 400
  • ブログ投稿数 438

海外展開の事例・ノウハウ

海外展開を進めている企業様の事例やそのノウハウをご紹介いたします。

カテゴリー
ノウハウ・Howto
レポート
事例
アーカイブ
2017年08月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年04月
【ノウハウ・Howto】 「地道な努力でなしえた畳の輸出」 ‐森田畳店‐
シンガポール
海外拠点設立方法


02/232017
2017/02/23
【ノウハウ・Howto】 【中東ビジネスのヒント】第9回 GCC向け消費財の輸出可能性を探り度が、現地市場情報の収集と疑問点の解明、或いは、現地企業(取引候補企業)との出会いといった課題にどのように対応すれば良いでしょうか?
中東
国の概況と動向


02/092017
2017/02/09
【ノウハウ・Howto】 中国越境EC進出の成功には代行会社の活用が重要か!?
中国
海外EC販売手法

越境ECというと、日本にいながらにして、中国で手軽に販売できるという印象を受けてしまいがちだが、その本質は中国ビジネスそのものとなんら変わりがない。


08/182016
2016/08/18
【ノウハウ・Howto】 中小企業のバングラデシュ進出の可能性と注意点
アジア
北米
中南米
欧州・ロシア
中東
オセアニア
その他
海外拠点設立方法
海外物流・配送方法

中国・インド・アセアンのほぼ中心という抜群の立地に位置するバングラデシュは、1億6千万人の人口を抱える世界第7位の人口大国です。豊富な若年労働者・人件費の安さを活かした生産拠点として、また2015年には低中所得国入りを果たすなど、年平均6%の安定したGDP成長を続ける期待の消費市場でもあります。


04/282016
2016/04/28
【ノウハウ・Howto】 インドネシアの人事労務の注意点
インドネシア
海外拠点設立方法

インドネシアで事業を行う上で、リスクファクターとして注目すべきポイントの一つに、「労務問題」があります。労務問題と一口に言っても、いろいろな要素が含まれますが、特に注意すべき点を、いくつかご紹介したいと思います。採用とリテンション | 会社を運営にするにあたり、どのような人を採用して、教育していくのか、というのは、とても重要な点であることは、いずれの国、地域においても変わりありません。しかしながら、インドネシアゆえの難しさもいくつかあります。その一つが、管理職レベルの人材不足、および賃金の高騰でしょう。


04/282016
2016/04/28
【ノウハウ・Howto】 どうして、輸出で成果があがらないのか?
アジア
北米
中南米
欧州・ロシア
中東
オセアニア
その他
海外物流・配送方法
流通関連

アセアン経済共同体(AEC)、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)、日中韓FTA、日EU・EPA・・・、経済のグローバル化が、その規模と範囲をますます拡大していく中で、海外展開に挑む中小企業は、今後、引き続いて増えていくことでしょう。
グローバル化の進展とともに、ますます多くの中小企業が、輸出することで海外に市場を広げたいと考えることは自然なことです。しかし、一方で、「一生懸命頑張っているのに、輸出の成果があがらない」という企業が少なくないようです。そこで、本稿では、貿易を行うために必要な幾つかの基本的な知識に就いて解説します。


04/222016
2016/04/22
【ノウハウ・Howto】 チャイナリスク!どうなる対中投資? 日本企業による対中投資戦略について
中国
海外マーケティング
流通関連

中国の「世界の工場」から「世界の市場」への転身に伴い、これまでの対中投資戦略を再考し、見直さなければならない時期が来ています。そしてその答えは、中国を工場としてみるか、それとも市場としてみるかによって、全く異なると言えます。ほとんどの日本企業にとっては、膨大な中国市場を無視又は軽視できないでしょう。中国で生産した製品を海外に輸出するというこれまでのビジネスモデルを、中国で生産して中国国内で販売し、ひいては海外(インドネシア、タイ、ベトナム等)で生産して中国に輸出するというビジネスモデルにシフトしてゆく傾向がますます強くなっています。


04/202016
2016/04/20
【ノウハウ・Howto】 第8回 海外展示会への出展をビジネスにつなげるための方法(まとめ)
アジア
北米
中南米
欧州・ロシア
中東
オセアニア
その他
海外マーケティング

本シリーズは全8回の構成になっています。
前回では、商談のための事前準備や商談への臨み方、そして展示会終了後に忘れずにすべきことを紹介しました。
今回は、海外展示会への出展をビジネスに活かすためのポイントと、海外展示会への出展支援を行う中小機構及びJETROの支援内容について紹介します。


04/102016
2016/04/10
【ノウハウ・Howto】 第7回 海外展示会活用のための実務知識(その5) – 商談の方法、展示会終了後の業務 –
アジア
北米
中南米
欧州・ロシア
中東
オセアニア
その他
海外マーケティング

本シリーズは全8回の構成になっています。
前回では、実際の出品物の輸送や通関業務の基礎知識と輸送業者の選定方法、さらに展示会場への来場者の誘致、展示会向けに会社案内や商品パンフレット等の準備の仕方について紹介しました。今回は、商談のための事前準備や商談への臨み方、そして展示会終了終に忘れずにすべきことを紹介します。


04/102016
2016/04/10
【ノウハウ・Howto】 第6回 海外展示会活用のための実務知識(その4) – 出展品の輸送方法と来場者の誘致方法 –
アジア
北米
中南米
欧州・ロシア
中東
オセアニア
その他
海外マーケティング

本シリーズは全8回の構成になっています。
前回では、出展目的に則した出展品の選定や効果的な展示の仕方について紹介しました。今回は、展示会場への来場者の誘致、展示会向けに会社案内や商品パンフレット等の準備の仕方、さらに実際の出展品の輸送や通関業務の基礎知識と輸送業者の選定方法について紹介します。


04/102016
2016/04/10
【ノウハウ・Howto】 第5回 海外展示会活用のための実務知識(その3) – 出展品の選定と展示方法 –
アジア
北米
中南米
欧州・ロシア
中東
オセアニア
その他
海外マーケティング

本シリーズは全8回の構成になっています。
前回では、出展成果目標の設定方法と、出展目的の実現に最も相応しい海外展示会の探し方・選び方について紹介しました。今回は、出展目的に則した出展品の絞り込みや効果的な展示の仕方について紹介します。


04/102016
2016/04/10
【ノウハウ・Howto】 第4回 海外展示会活用のための実務知識(その2) – 参加の目的と展示会の選定 –
アジア
北米
中南米
欧州・ロシア
中東
オセアニア
その他
海外マーケティング

本シリーズは全8回の構成になっています。
前回は、出展に向けた「事前検討項目」の概要と「海外出展計画」の立て方について紹介しました。今回からは、実務知識として、出展目的に則した出展目標の設定方法と、目的の実現に最も相応しい展示会の探し方・選び方について紹介します。


04/102016
2016/04/10
【ノウハウ・Howto】 第3回 海外展示会活用のための実務知識(その1) – 海外展示会出展のための計画と準備の方法 –
アジア
北米
中南米
欧州・ロシア
中東
オセアニア
その他
海外マーケティング

本シリーズは全8回の構成になっています。前回までに、海外展示会の出展メリットはどこにあるのか、そのメリットを上手に活かす出展検討の進め方について紹介しました。今回は、海外出展にあたって検討すべき出展事業計画の内容と、出展決定後の出展計画の立て方について紹介します。


04/102016
2016/04/10
【ノウハウ・Howto】 第2回 海外展示会への出展検討の進め方
アジア
北米
中南米
欧州・ロシア
中東
オセアニア
その他
海外マーケティング

本シリーズは全8回の構成になっています。今回は、海外展示会に出展するにあたり、出展検討の進め方をご紹介します。海外販路開拓のファーストステップ|企業が、事業戦略として海外に活路を求めるとき、商品の輸出入のほか、海外企業との業務提携や合弁事業、直接投資など様々な選択肢があります。しかし、これらは、一朝一夕にできるものではなく、相当の準備と企業リスク対策を必要とします。中小企業にとっては、その企業規模から、海外への事業展開は言ってみれば、社運をかけて取り組む事業であり、慎重な取り組みが求められます。


04/102016
2016/04/10
【ノウハウ・Howto】 第1回 海外展示会出展のメリットと活用のポイント
アジア
北米
中南米
欧州・ロシア
中東
オセアニア
その他
海外マーケティング

本シリーズは全8回の構成になっています。今回は、海外展示会に参加するにあたり、どのような効果が期待され、メリットはどこにあるのかについて、ご紹介します。海外展示会出展のメリット|新しい製品(商品)や技術・サービスを開発した際に、消費者やバイヤーの反応を確認する手法として、国内展示会に出展し、会場で直接確認することがあります。自社製品等を海外に販路開拓する場合でも基本は同じで、自社の製品(商品)の特徴などを積極的にPRして今後の商談につなげるために、海外展示会に参加することも有効な手段です。


04/102016
2016/04/10