海外展開4コマ漫画です

  • 登録企業数 732
  • 登録相談数 122
  • 登録イベント数 743
  • ブログ投稿数 1,319
SWBSトップ > はじめての海外ビジネス > 第18話 流出に注意

はじめての海外ビジネス

« 一覧 »

押原さんにいったいどんな過去があるんでしょうか。。さて、展示会で海外のバイヤーなどから図面や技術の詳細を聞かれることがあります。コアコンピタンスの流出は海外進出のチャンスを潰してしまうどころか、海外で安価な製品を作られ市場を奪われる危険性もあります。安易な提供は避けましょう。とはいえ一定の情報を提供しなければビジネスは生まれません。海外担当者内でどれがコアコンピタンスにあたるかの認識を共有しておくことが大切です。


【SWBS支援者コラム】 知的資産の権利登録を忘れずに

日本企業の海外展開が進むなか、企業が長年の努力によって蓄積してきた知的資産が流出することで、その企業が海外市場で得られたはずの売上高を現地企業に奪われてしまうことは珍しくありません。
 海外展開の際に重要なことは、自社の知的資産が、ビジネスをしようとするその国において、知的財産権として権利登録されていることです。この権利登録なしには、たとえ自社の知的資産が現地企業によって侵害されたとしても、「侵害された」と主張することができません。

「守りたい」と「共有したい」を選別
知的財産権のうち、特許権の観点から自社のコアコンピタンスをビジネスに生かすにはどうしたらよいでしょうか。特許権には、自社の知的資産を「独占」する側面と、「共有」して標準化する側面があります。自社の知的資産のうち、独占したい部分は特許権で保護し、共有したい部分は自社がライセンサーとなりライセンシーに特許権の使用許諾を認め、そこからライセンス料を受けることができます。
知的財産権を保護し、自社のコアコンピタンスのうち、「独占する部分」と「共有する部分」を明確にすれば、海外ビジネスリスクを軽減させ、売上高の向上が期待できます。


このコラムを書いたのは

peem