海外展開4コマ漫画です

  • 登録企業数 714
  • 登録相談数 115
  • 登録イベント数 705
  • ブログ投稿数 1,211
SWBSトップ > はじめての海外ビジネス > 第19話 展示会後

はじめての海外ビジネス

« 一覧 »

海外では日本の技術が評価されることがよくありますが、一方でNATO(Not Action Talk Only)とも言われており、ビジネスの遅さが指摘されています。遅い日本とわざわざ取引するより、韓国、中国と取引したほうが良いとの判断をされるケースは決して少なくありません。海外展示会に限りませんが、展示会で好評をいただいたからといって、先方からアプローチを待っていてはいけません。積極的に会期後のフォローを行っていくことが成約につながります。


笑顔で声がけ“Hi, how are you?”

海外展示会で大切なのは、コミュニケーション能力!英会話が上手でなくてもブース前に来たバイヤーにはまず“Hi, how are you?”と声がけしましょう。笑顔での挨拶が彼らの足を止め会話のきっかけとなればこちらのもの!その流れで商品の特徴をアピールし、バイヤーの率直な意見を聞き出すことが出来ます。興味を持ってもらった場合必ずと言ってよいほど質問されるのは、①wholesale price =卸売価格②minimum order quantity=最低発注金額又は数量③lead time=納期。以上の3項目は誰もが即答出来る様に心がけましょう。

準備とフォローは具体的、迅速に!
展示会前の準備やアフターフォローのポイントは、バイヤーの立場に立った具体的で迅速なアクションです。事前準備では、バイヤーの様々な質問を想定し、しっかり答えを準備しましょう。例えば、『大口発注に対応可能か?』などと聞かれたときに、『また相談して連絡します.…』などと答えていては商機を逃してしまします。事後に於いては、一斉にありきたりなThanks Mailを送るのではなく、展示会時のバイヤーとの会話に基づき具体的な情報提供や提案を行う事が重要です。


このコラムを書いたのは

SKY ELEPHANT INC