海外展開4コマ漫画です

  • 登録企業数 733
  • 登録相談数 127
  • 登録イベント数 841
  • ブログ投稿数 1,510
SWBSトップ > はじめての海外ビジネス > 第43話 越境EC ③

はじめての海外ビジネス

« 一覧 »

自己発送を行う場合、注文数が多くなってくると包装・発送作業に手間がかかり、ほかの事に手が回らなくなることがあります。かといってずさんな発送を行っては、リピーターを期待できなくなってしまいます。効果的、効率的な発送手法を整えることが肝心です。納品書だけでなく次回購入に繋がるよう、チラシを入れたりするのも効果的です。また自己発送が難しい場合は発送を代行してくれる業者の活用を検討してみるのもいいですね。


定期販売で業務と売上の安定を

日本商品への信頼度、ECの拡大、比較的安価な広告コスト(中国・欧米以外)によって、越境ECで新規顧客を獲得することの難易度は低くなっています。しかし、海外事業を黒字化できている企業はそう多くありません。とくにアジア各国では、新しい商品を試し買いする気質が高い反面、同じ商品をリピート購入する人が少ない傾向が、売上が拡大しないひとつの要因と言われています。リピート率アップのためには、定期販売の導入を検討するなどの対策が必要です。定期購入の習慣がないと言われる国でも、しっかりメリットを伝えれば受け入れられる可能性があり、在庫管理業務や売上安定に寄与します。


このコラムを書いたのは

株式会社HELIOS(エリオス)

バックナンバー