SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 637
  • 登録相談数 78
  • 登録イベント数 399
  • ブログ投稿数 436

国立大学法人 北海道大学(人材育成本部)

-


サービス内容

支援内容

外国人エリートの卵が、国内で学んでいます。博士課程留学生の半数が卒業後も滞在を希望し、多くが日本企業就職を望んでいます。

 

国の主要国立大学の博士課程では、約2割が外国人留学生です。スーパーグローバル大学である北海道大学では、外国人博士留学生の比率が25%あり、理系学科を中心にその比率は高まりつつあります。留学生の出身国は中国をはじめ、ASEAN各国、中東、アフリカなど、日本企業がこれから成長市場として注目する国々から多くやってきています。

 

博士課程留学生の半数以上が卒業後も日本に滞在し、日本企業に就職して実力を磨くとともに、ネットワークを広げることを望んでいます。

 

本学人材育成本部 国際人材育成プログラム(I-HoP)では、外国人博士課程留学生やポスドクのキャリア形成支援を2014年から行っていて、企業とのつながりを求めています。

 

博士人材は、専門性ばかりでなく、「問題を発見し特定する能力」が魅力です。国際競争力を高め、海外進出を推進するための国際人材を求める企業にとり、出身国のエリートであり、日本での博士号取得を目指す優秀な外国人留学生は遠い存在ではありません。I-HoPでは専用の情報基盤(Hi-System)を構築して、企業とのマッチングを可能にしています。外国人博士課程留学生の魅力を発見し、採用をご検討ください。

対象国
赤字は当企業が特に強みを持つ国です
中国、香港、台湾、韓国、インド、バングラディシュ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、フィリピン、ラオス、米国、カナダ、メキシコ、イギリス、フランス、ドイツ、その他(欧州)、ロシア、中東、オーストラリア、アフリカ
支援分野
赤字は当企業が特に強みを持つ分野です
人材教育
関連キーワード 工業製品に強い、進出前支援が得意
支援可能エリア 北海道、宮城県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、岡山県
対応可能業態業種 研究開発に重点を置く企業
URL (人材育成本部I-HoP)http://www2.synfoster.hokudai.ac.jp/cgi-bin/index.pl?page=contents&view_category_lang=1&view_category=1079

会社概要

企業名 国立大学法人 北海道大学(人材育成本部)
法人番号 6430005004014
所在地 北海道札幌市北区北12条西7丁目
資本金 154,570百万円
従業員数 4,009名(平成28年5月1日現在)
代表者 山口佳三
設立年月 平成16年4月(国立大学法人化) 開学は明治9年8月
支援実績・取得資格等

外国人博士課程留学生、ポスドク等のキャリア支援を平成26年より実施。

海外支援開始時期 平成26年4月1日

お問合せ

「SWBSを見て連絡しました」と伝えて頂くとスムーズです
支援フロー

お問い合わせは、北海道大学 人材育成本部 国際人材育成プログラム(I-HoP)まで、メールでお願いいたします。
ihop@synfoster.hokudai.ac.jp

担当者情報

国際人材育成プログラム(I-HoP)

TEL 011-706-2157
FAX 011-706-3584
E-mail ihop@synfoster.hokudai.ac.jp