SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 590
  • 登録相談数 65
  • 登録イベント数 312
  • ブログ投稿数 273
このウィンドウは当サイトを始めて訪問された方に表示しております
close

さくらクリニック

当院院長は、テレビやラジオ、雑誌などメディア出演が多く、特に雑誌『Perfect Boat(発行:東京カレンダー)』では『Medicine of Sea(海の医学)』を毎月執筆し(2009年より)、「海やマリンスポーツ、アウトドアスポーツでの事故や急病・外傷対応」に関する啓発を行っている。執筆に際しては、海上保安庁をはじめとする海難救助機関に対し取材を行うことも多い。さらに海上保安庁 海の安全推進室HP内で「酔泳(飲酒後の遊泳)事故の危険性」に関する啓発活動に執筆協力している(2015年7月より)。


さくらクリニックの最新ブログ

海外渡航では、特に注意したい「○○風」!?
~海外渡航では、特に注意したい「○○風」!?~ 答えは「破傷風」。 「破傷風菌」は世界中の土の中にいます。大きなケガだけではなく、釘や竹・木片など「医師に診てもらう必要が無い」と感じる小さな傷でも感染...
投稿者 : さくらクリニック 更新日時 : 2017-08-01 19:02:40
 ロゴ
7
この企業のブログをもっと見る

サービス内容

支援内容

「海外渡航者向け(リゾート・トラベル海外旅行)外来」では、行き先や業務内容を加味した「予防接種ワクチン・スケジュール立案」や「マラリア・高山病予防薬処方」など、海外渡航者、赴任者、帯同家族に対する「健康サポート」を日本旅行医学会認定医である院長が診療を行います。

対象国
赤字は当企業が特に強みを持つ国です
中国、香港、台湾、韓国、インド、バングラディシュ、シンガポール、マレーシア、インドネシアタイ、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、フィリピン、ラオス、スリランカ、ブルネイ、その他(アジア)、米国、カナダ、メキシコ、ペルー、チリ、その他(中南米)、イギリス、フランス、ドイツ、その他(欧州)、ロシア、中東、オーストラリア、ニュージーランド、その他(オセアニア)、アフリカ、その他
支援分野
赤字は当企業が特に強みを持つ分野です
市場調査・現地調査海外出張、コンサルティング、計画策定、人材教育保険等リスク管理・リスク対応
関連キーワード インバウンド、小規模企業積極支援、医療分野に強い、進出前支援が得意
支援可能エリア 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県
対応可能業態業種 企業規模に関わらず全業種に対応致します
URL (海外渡航者向け<リゾート・トラベル外来>HP) http://www.sakura-beauty.jp/reso/index.html
(さくらクリニックHP)http://www.sakura-beauty.jp
添付資料 海外での傷病は東南アジアが多い!!.pdf

会社概要

企業名 さくらクリニック
法人番号 -
所在地 東京都豊島区東池袋1-25-17-6F
資本金 -
従業員数 6名
代表者 倉田大輔
設立年月 平成19年7月
支援実績・取得資格等

海外渡航医療の専門家で「日本旅行医学会認定医(院長)」が診療を行っています。企業の規模や業種、渡航先に関わらず、海外展開や海外事業を行う企業や個人に対応しています。

海外支援開始時期 平成19年7月

お問合せ

「SWBSを見て連絡しました」と伝えて頂くとスムーズです
支援フロー

①電話による、当院「海外渡航医療部門(03-5911-0809)」へのお問い合わせ・受付
(個人および海外出張担当部署)
②受診日(来院日)や内容を決定<完全予約制、月曜のみ休診>
③該当者が来院し受診
____________________________________________________
予防接種の種類によっては渡航前に複数回の接種が必要となる場合があります。
そのため渡航直前ではなく、「渡航約1~2か月前」など日程に余裕を
持たせることをお勧め致します。可能であれば渡航日や渡航者が決定した段階でのお問い合わせが理想的です。
・診療及び電話予約受付時間<10:00~19:00,土日対応,月曜のみ休診>

担当者情報

海外渡航リゾート・トラベル外来担当

TEL 03-5911-0809
FAX -
E-mail