SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 637
  • 登録相談数 78
  • 登録イベント数 399
  • ブログ投稿数 435

9/62017

【無料セミナー】海外展開における特許マーケティングとリスクマネジメント手法 (三井物産クレジットコンサルティング株式会社)

開催日:2017年9月6日  14:00~16:00(受付開始13:30)
会場 :三井物産クレジットコンサルティング セミナールーム
主催 :三井物産クレジットコンサルティング株式会社
7
このイベントは開催終了いたしました

開催概要

皆さまは、知財(特許や商標)について、自社の技術や権利を保護するための
「守りのツール」とお考えではないでしょうか?
実は、開拓すべき新市場の発見やM&A候補先の選定、競合他社の
技術力評価といった「攻め」の分野にも活用ができるのです!

そこで、今回は、知財の分析・活用のスペシャリストである
国際特許事務所所属の弁理士に、海外展開(新規事業・市場開拓)
において知っておきたい「知財」の活用・リスクマネジメント手法
について解説頂きます。

また、海外取引先管理に関するリスクマネジメントのポイントや、
見落とされがちな調達先・仕入先の与信管理につきまして
当社より講演致しますので、合わせてご期待ください。
◇開催概要
《日時》:2017年9月6日(水)14:00~16:00(13:30受付開始)

《場所》:三井物産クレジットコンサルティング 本社
    (東京都中央区日本橋人形町1-14-8 郵船水天宮前ビル5階)

 アクセスはコチラ→ https://www.mitsui-credit.com/company/access/#tokyo

《定員》:30名(お申込み先着順)

 ※残席数の兼ね合いで参加をお断りさせていただく場合や、1社当たりの参加
  人数を調整させていただく場合がございますので、その際はご了承ください。

《費用》:無料

《講師》

・正林国際特許事務所 
  パートナー 調査解析・ビジネス支援部
  弁理士 鶴本 祥文氏

 2001年弁理士登録。日本弁理士会知的財産価値評価推進センター副センター長、
 経産省知財メンター等を歴任。 ISO/PC231(ブランド価値の金銭的評価)国際会議に
 日本代表団として出席するなど対外的にも活躍。AIPE認定知的財産アナリスト。
 グローバルな特許・意匠・商標等の権利化だけでなく、特許・商標の分析に基づく
 新規事業・競合他社戦略の立案サポート、事業を踏まえた知財戦略の立案・実行サポート、
 投資の場面での知財DD、知的財産評価(裁判所案件も多数受任)を多数経験。                    

・三井物産クレジットコンサルティング株式会社
  代表取締役社長 松居 敏哉
 
 1982年三井物産入社。審査部に配属され、以後一貫しリスクマネジメント業務に携わる。
 1997年モスクワ大学経済学部ビジネススクールに派遣され、ロシア語とロシア経済を学ぶ。
 帰国後は、(公財)国際金融情報センターにてアセアン地域チーフアナリスト、中東アフリカ
 部長として国際金融、カントリーリスク分析に携わる。2013年4月より当社社長に就任。

募集対象

・海外進出を検討中の海外事業部門責任者・担当者様
・経営企画部門の責任者・担当者様

参加費用

無料

当日のスケジュール

◇講演内容
【第一部(約50分)】
《テーマ》海外展開(新規事業・市場開拓)
 ~最低限知っておきたい海外リスクマネジメントのポイント~

     三井物産クレジットコンサルティング株式会社 
     代表取締役社長 松居 敏哉

1.海外取引先管理に重要な“4つのリスク”
2.海外与信管理に欠かせない“三種の神器”
3.見落とされがちな調達先/仕入先の与信管理

【第二部(約50分)】
《テーマ》攻めの海外進出(M&A・新規事業)
 ~知財の活用・リスクマネジメント手法を知らなくて大丈夫ですか?~

      正林国際特許事務所 パートナー 調査解析・ビジネス支援部
      弁理士 鶴本 祥文氏

1.M&A・新規事業を成功へ導くためのリスクマネジメント手法
2.特許マーケティングをはじめとした知財活用策

※講演内容、講演順序等は予告なく変更となる場合がございます。

会場

三井物産クレジットコンサルティング セミナールーム
東京都中央区日本橋人形町1-14-8 郵船水天宮前ビル5階

対象国