SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 663
  • 登録相談数 86
  • 登録イベント数 468
  • ブログ投稿数 579
SWBSトップ > イベント・セミナー情報 > 国際仲裁の『決戦場』、証人尋問を乗り切れるか-国際提携契約の事例で学ぶ紛争解決【実践体験編】-

1/11970

国際仲裁の『決戦場』、証人尋問を乗り切れるか-国際提携契約の事例で学ぶ紛争解決【実践体験編】- (一般社団法人 日本商事仲裁協会)

開催日:2018年1月22日  13:30〜16:30
会場 :神田カンファレンスルーム
主催 :一般社団法人 日本商事仲裁協会
0
このイベントは開催終了いたしました

開催概要

 国際仲裁の「決戦場」である証人尋問は、書証偏重の国内訴訟の証人尋問とは全く異なります。証人(会社担当者)は、相手方弁護士から長時間に亘り厳しい質問(反対尋問)を浴びせられます。証人尋問の結果は仲裁の勝敗の帰趨に大きな影響を及ぼします。国際企業紛争の最終出口が「仲裁」である限り、このような証人尋問から逃げることはできません。また、あまり知らせていませんが、国際仲裁の証人尋問は、文書開示(Document Discovery)と並んで日本企業の国際業務への影響が大きいものであり、日本企業の日々の国際業務も立て直しが必要です。
 シリーズ2回目では、実際の仲裁事件をmodifyしたケースを使用し、普段は見ることのできない国際仲裁の証人尋問(反対尋問)の「実演」を通じて、「何が、どのように問われるか」を体感します、その上で、講師陣のパネルディスカッションを通じて、日本企業が国際仲裁の証人尋問を乗り切るための対策から、翻って国際提携契約から生ずる紛争を効果的に予防するための実践的なポイントまでを学びます。なお、1回目「前提知識編」セミナーのダイジェスト解説も行いますので、前回のセミナーに参加されなかった方でも無理なくご参加頂けます。

募集対象

法務部・海外企画部など国際取引に携わる全ての方

参加費用

仲裁協会会員 13,000円  
   非会員 18,000円
(各1名に付、テキスト代及び消費税含)

当日のスケジュール

1.前回のおさらい
 (1)国際提携契約から生ずる紛争の典型
 (2)国際仲裁手続の基本構造(特に証人尋問にまつわる留意点について)

2. 証人尋問(反対尋問)を間近で体験する
  -何が、どのように問われるか-
 (1)模擬案件の背景説明
 (2)模擬証人尋問(反対尋問)
    ・具体的な紛争事例をもとに、講師陣が、国際仲裁の証人尋問(反対尋問)を
     実演します(40分程度)。
    ・実演は本番さながらに英語を使用しますが、背景説明・論点解説は日本語で
     行います。

3.論点解説とパネルディスカッション
 (1)模擬案件の論点解説
 (2)パネルディスカッション
    証人尋問の実演を踏まえ、国際提携契約から生ずる紛争を効果的に予防・解決
    するための急所を、徹底的に「本音で」議論します。
     ・証人尋問を乗り切るための対策
     ・紛争を予防するための具体的ポイント など

会場

神田カンファレンスルーム
東京都千代田区神田錦町3-18-3 錦三(キンサン)ビル* 4階

対象国

中国 香港 台湾 韓国 インド バングラディシュ シンガポール マレーシア インドネシア タイ カンボジア ベトナム ミャンマー フィリピン ラオス スリランカ ブルネイ その他(アジア) 米国 カナダ メキシコ ペルー チリ その他(中南米) イギリス フランス ドイツ その他(欧州) ロシア 中東 オーストラリア ニュージーランド その他(オセアニア) アフリカ その他