SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 574
  • 登録相談数 61
  • 登録イベント数 285
  • ブログ投稿数 230
このウィンドウは当サイトを始めて訪問された方に表示しております
close

2/242017

日本企業の現在と海外高度人材の活用セミナー【2017年02月24日(金)】 (グローバルイノベーションコンサルティング株式会社)

開催日:2017年2月24日  15:00~17:00
会場 :グロバールイノベーションコンサルティング株式会社
主催 :グローバルイノベーションコンサルティング株式会社
来場者募集中
215
このイベントは開催終了いたしました

開催概要

◆日本企業の現在と海外高度人材の活用セミナー
・日本企業の人事課題
・最近の日本政府の海外人材に対する政策
・高度人材活用している日本企業の事例
・国内での海外人材採用と現地での採用、なにが違うか?
・ASEAN人材の中で、なぜミャンマーなのか?
・外国人材の育成でキーになるのは?

◆本セミナーに参加するとこんなことがわかります。

現在のミャンマー進出中の日本企業の状況
他社(日本企業)が採用されている高度人材活用の事例
海外高度人材活用のポイント
なぜミャンマー人材の活用がメリットがあるか
ミャンマーのメリット・デメリット

◆申込み方法

【申込み方法】参加ご希望の方は
①会社名
②氏名(フリガナ)
③所属
④セミナー参加。不参加
⑤交流会参加。不参加
⑥参加者数 を記入し、下記までお申込みください。

【お問い合わせ.申し込み先】

海外戦略事業部  担当:ティンタジン
メール:event@gicjp.com
電話番号:03-5600-8880「平日:9時~18時」

◆講師紹介

【第1章】 日本企業の現在と海外高度人材の活用

智之 岩永
グローバル イノベーション コンサルティング株式会社
代表取締役社長
1958年生まれ電気通信大学 経営工学 修士卒業
1984年日本アイ・ビー・エム㈱入社。3年のSE職経験後、中堅企業対象の営業(新規/既存/Partner)担当後、営業課長/営業部長を歴任。
2005年5月IBMのWorldwideのPC部門売却のためLenovoに入社。
2005年9月より中部地区日系IT会社に入社し、
2006年4月より海外部門の総責任者として就任。
北京の子会社を黒字化後、2008年7月にミャンマーに日系100%資本の会社設立。
2010年にはThailand/中国(上海)の会社設立をサポート。
2009年4月からは海外部門の責任者に加えて日本での新規Business開発を兼任で2年半担当し、2011年4月に当該会社を設立。
この4年間で、シンガポール/ミャンマー/フィリピン(Cebu/Manila)の拠点展開を行うと共に多くのミャンマー人Global SEをIT Marketに投入中

【第2章】 ASEAN人(ミャンマー人)から見た日本

Kaung Myat Tun (カゥン ミャット トゥン)
グローバル イノベーション コンサルティング株式会社
海外戦略事業部(Global Strategy Division)
事業部長(General Manager)
1982年生まれLondon Metropolitan大学(UK) コンピューティング&情報システム学部 卒業
2008年ミャンマーDCR㈱入社。日系のオフショアシステム開発のPG職経験後、チームリーダSE担当後、デリバリーマネージャー職を歴任。
2011年9月グローバルイノベーションコンサルティング株式会社に入社。
2011年10月大手パートナー社のBIツールの保守サポート、BIソリューション開発のSEとして担当。2014年11月新規事業開発事業部で事業部長として担当。2015年4月より海外戦略事業部の事業部長としてミャンマー・フィリピンへ進出する日系企業をサポート、現在に至る。

募集対象

◆こんな企業様にぴったりのセミナーです。
人材不足、人材採用に困っている
ASEANへの進出を検討されている
ミャンマーに興味がある

参加費用

セミナー:無料
交流会:2,000円/人

当日のスケジュール

15時00分~15時20分 受付
15時20分~15時25分 挨拶
15時25分~16時25分 【第1章】 日本企業の現在と海外高度人材の活用
16時25分~16時55分 【第2章】 ASEAN人(ミャンマー人)から見た日本
16時55分~17時00分 質問 タイム
17時~19時 交流会
※セミナー内容は予告なく変更される可能性がございます。予めご了承下さい。

会場

グロバールイノベーションコンサルティング株式会社
東京都東京都墨田区緑 1-21-10 BR両国2ビル 2F

対象国

ミャンマー