海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 715
  • 登録相談数 114
  • 登録イベント数 702
  • ブログ投稿数 1,200
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > クアラルンプールのオフィス事情

Go Asia Offices Japanの海外展開ブログ


クアラルンプールのオフィス事情

海外現地事情

2017年6月26日 16:13   29

アセアンの都市の中でもオフィス料金が安いのがクアラルンプールです。

サービスオフィスの一人当たりの概算コストをRM換算でみると:参考に(1RM=¥26) 
クアラルンプール:RM600~1,500
ジャカルタ:RM1,000~2,000
マニラ:RM1,000~2,250
バンコク:RM900~1,400
ご覧の様に、オフィス利用料金も、(ホテル料金と同じく)近隣国の都市と比べても格安に抑えられています。
(政府のビジネス&観光客誘致のためと思われます)

市内の主なビジネス地区は:
KL セントラル:
市内&空港への交通の要として大変便利の地区です。全体の50%以上がオフィスビルとして開発されました。マレーシア第二の金融グループCIMBも本店を構えています。ブリテッシュテレコム、アリアンツ、GE、PWCなど外資企業も多いです。
KLCC: 
ご存じペトロナスツインタワーのある地区、ガス&石油系企業が多く、マレーシアの大企業の多くもこの地区にあります。
その他、弁護士事務所などプロフェッショナルサービス、人材関連企業も多いです。
(現在ツインタワーにはサービスオフィスはありませんが、隣のMAXISタワーに大型のサービスオフィスがあります>
ミッドバレー:
IT関連企業に人気の地区です、殆どのビルがMSC指
定ビルです。
この地区にはサービスオフィスだけでなく、コワーキングオフィスもあります。
ブキ・ビンタン:
商業地区として有名な地区です。
この地区では、デザインや色使いが、他の地区とは一味違うスペースを提供しているサービスオフィスがあります。

クアラルンプールでオフィスをお探しの方&企業様、ぜひお気軽にメッセージでご連絡下さい。

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 29
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

画像
ベトナム(ハノイ&ホーチミン)のオフィス事情
ベトナム(ハノイ&ホーチミン)のオフィス事情は<空室率の低下、強いオフィス需要、限られた供給>の...
画像
シンガポールのサービスオフィス&コワーキングオフィス事情
シンガポールのサービスオフィス&コワーキングオフィス状況 #シンガポール #サービスオフィス ...
画像
タイ:バンコクのサービスオフィス&コワーキングオフィス事情
ASEANの都市でも、今年になり急速にコワーキングオフィスが急増しています。 タイ、バンコクで...
画像
オフィスは、”利用”する時代です!
アジアの多くの国で賃貸オフィスを契約すると、通常2~3年以上の契約が普通です、勿論日本と違い...
画像
アジアのサービスオフィス&コワーキングオフィス利用企業の現状
最近、特にここ1年のアジア主要都市でのコワーキング、サービスオフィスの利用企業の規模が大きく変わ...
画像
<クアラルンプールの新しいワークプレイス>
クアラルンプールの新しいワークプレイス 此方は昨年夏にオープンした、コワーキングオフィスとサ...