SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 616
  • 登録相談数 74
  • 登録イベント数 384
  • ブログ投稿数 382
このウィンドウは当サイトを始めて訪問された方に表示しております
close

野藤コーポレーションの海外展開ブログ


インドネシアでの賃金水準

2017年7月19日 09:52   31

インドネシアでの平均月額賃金は(2014年時点)、ガス・鉱業等で570万ルピア(約4.8万円)、製造業で220万ルピア(1.8万円)、畜産・水産業で140万ルピア(1.2万円)、貿易関連で180万ルピア(約1.5万円)、ホテルで190万ルピア(1.6万円)となっている(インドネシア統計局より)。

(インドネシア統計局より)

一見、低賃金のように見えるが、あくまでインドネシア全国平均であり、ジャカルタなどの都市部との格差は相当ある。インドネシアの最低賃金は州ごとに設定され、毎年1月1日に改定される。州によっては、そこから県・市レベル、さらには業種別分類で、県知事、市長がそれぞれの水準を決定している。2017年にはジャカルタ特別州では336万ルピア(約2.8万円)となっており、全国平均より1万円程度高くなっている。

しかし、最低賃金を最も気にしているのは、ジャカルタではなく、特に日系企業が集中しているブカシ県、カラワン県(ブカシ~チカラン~カラワン地区)等の製造業である。


(JETROより)
2014年10月に発足したジョコ現政権は、以前不透明な部分があった最低賃金の制度を見直したことにより、透明性は高まったが、依然、賃金上昇は継続しており、進出製造業にとっては大きな課題である。

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 31
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。