SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 658
  • 登録相談数 84
  • 登録イベント数 447
  • ブログ投稿数 565
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > タイ出張してきました。(タイのショッピングモールの家賃)

野藤コーポレーションの海外展開ブログ


タイ出張してきました。(タイのショッピングモールの家賃)

海外現地事情

2017年7月19日 09:56   38

先週はタイ・バンコクへ出張してきました。

ショッピングモール等へ出店する際の条件等を少し聞いてきました。

現在バンコク中心部の店舗スペースの賃料は1m2当たりゲートウェイエカマイで1500-2500バーツ、シーロムコンプレックスで2500-3000バーツ。

実際のところ2年~3年契約更新となっているので人気のない店舗は家賃が払いきれず出ていく、あるいは人気が出そうな店舗が入店を考える場合、人気のない店舗と入れ替えが行われるといった事が行われています。

条件は異なりますが大手モールになるとGP方式というのを取っている所が多い様です。

GP=Gross Profit、つまり粗利の何%をモール側に支払うというものです。

例えばGP40%と言えば粗利の40%をモール側に支払うけれど家賃は不要、といった契約方法。

勿論家賃形式の契約も存在し、例えば3000バーツ/m2で60m2の店舗を借りた場合、18万バーツ(約50万円)が月額家賃。 粗利からの支払いは不要だが、家賃は固定で発生し続けるので売上が発生しない場合、非常にインパクトが強くなります。

また交渉によってGP+家賃方式というのもあり家賃も上記よりは低く設定できるが、その代わり粗利の例えば20%を差し出すというものです。

商品の人気度やモール側との関係構築によりGPの比率は変動し人気が高くなればGP率の交渉の余地も出てくるというタイらしい?システムになっている様です。

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 38
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
ジャカルタ近郊の工業団地エリア(ブカシ県・カラワン県)在住の日本人1,000人超え
(2017年8月) 外務省統計データによれば、インドネシア在住の日本人は全国で約19,000人で、首都ジャ...
ロゴ
Facebook、ジャカルタにオフィス開設予定
SNS最大手のFacebookが今月後半にジャカルタにオフィスを開設するとJakarta Postは報じている。 前の...
ロゴ
現地調達率(インドネシア法人)
インドネシア政府は、自国産業発展のために、製造業に対して、保護主義的な政策を取ることが多いが、そ...
画像
2017年インドネシア第2四半期の国内外投資額 その2
一方、投資分野では(国内外合わせて)、鉱業が13.2%、食品が11.1%、電気・ガスなどのインフラが10.6%...
画像
2017年インドネシア第2四半期の国内外投資額 その1
2017年インドネシアの第2四半期の国内外からの投資は、昨年同時期比で12.7%の増加となった。 合計投...
画像
インドネシアの一人当たりの支出内訳
インドネシアにおける富裕層(2015年の一人当たりの平均月出費150万ルピア以上)における支出内訳は、家...