SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 605
  • 登録相談数 67
  • 登録イベント数 334
  • ブログ投稿数 320
このウィンドウは当サイトを始めて訪問された方に表示しております
close

協明国際特許事務所の海外展開ブログ


知財情報:外国商標 マドプロ加盟国ってどこ?

2017年7月28日 10:06   16

海外への商標出願を検討される際に、最近はご相談前にインターネット等を使って調べて来られることが多いので、まず検討するのは、前回のブログで触れたとおり、マドプロでいくのか、直接出願とするのか、、、2つの出願ルートのどちらを選択するかだと思います。
見積りで比較すると、マドプロの場合、登録料という概念がない分、コスト的にはメリットがある場合が多いです。が、中国やアメリカなど、出願時が代理人に依頼した方が、メリットがあるといえる国がありますので、初期コストのみを比較してルートを決定されるのは注意が必要です。欧州や北欧、アフリカ諸国は「マドプロ」、東南アジア、米、中は「ダイレクト(直接出願)」等、切り分けて検討するのもひとつの策といえます。

問い合わせの多い国でマドプロに加盟して「いない」国は以下のとおりです。
マドプロ非加盟国
・台湾
・タイ
・香港
・マカオ
・インドネシア
・マレーシア
・ミャンマー
・カナダ
です。香港、マレーシア、インドネシア、カナダあたりは、加盟してそうなのですが・・・

問い合わせの多い国でマドプロ出願可能な国は以下のとおりです。
マドプロ加盟国
・中国
・アメリカ
・欧州
・韓国
・ベトナム
・シンガポール
・フィリピン
・インド
・カンボジア
・ラオス
・アゼルバイジャン
・スウェーデン
・ノルウェー
・フィンランド
・ロシア
・フランス
・イタリア
・ギリシャ
・オランダなど

マドプロ加盟国の最新情報は、特許庁HPで確認できます。
2017年3月14日時点で98か国です。
https://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/tetuzuki/t_shouhyou/kokusai/madopro_kamei.htm

ダイレクトルートかマドプロルートか・・・選択は難しいように思われるかもしれませんが、事業内容や出願希望国をお聞きすれば、おのずと決まってくるケースが多いので、あまり悩まず、海外進出が決まったら、まずはご相談いただければと思います。

(協明国際特許事務所 弁理士 沖本周子)

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 16
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。