SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 658
  • 登録相談数 84
  • 登録イベント数 447
  • ブログ投稿数 565
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > 海外渡航では、特に注意したい「○○風」!?

さくらクリニックの海外展開ブログ


海外渡航では、特に注意したい「○○風」!?

海外現地事情

2017年8月1日 18:55   14

~海外渡航では、特に注意したい「○○風」!?~
答えは「破傷風」。
「破傷風菌」は世界中の土の中にいます。大きなケガだけではなく、釘や竹・木片など「医師に診てもらう必要が無い」と感じる小さな傷でも感染しうるのです。小さな傷だとなかなか気付かないですね。
 海や山、アドベンチャー旅行だけでなく、都市でのほんの小さなケガでも注意する必要があります。短期間の渡航や出張だから気を付けなくても良い、という訳にはいきません。
 「破傷風」は「飲み込みにくい、しゃべりにくい、全身のけいれん」などの症状が現れ、命に危険をもたらす可能性もある病気です。
 アメリカでは1938年に破傷風ワクチンが認可され、1941年に軍隊で採用され使用が広がりました。そのおかげで、第二次世界大戦中の米軍の破傷風発症数は第一次世界大戦に比べ激減したとされています。<日本での接種は1968年頃からで、歴史が非常に浅いのです>。
 最近の日本では子どもの頃に予防接種を受けている人が多く、意識しづらい病気です。が、大人になるとその効力が無くなり、「無防備状態」なことがあるのです。なかなか怖い病気だと思いませんか??
 だからこそ、「破傷風ワクチン」を接種することが大切なのです。

 『破傷風は、治療より、まず”予防”が重要!』な病気です!!

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 14
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
海外でも"低温やけど"は要注意!?
寒い場所に旅する際に役立ちますよ〜! を 院長が執筆しました。 出張や赴任時にも注意をして下さ...
ロゴ
海外出張・赴任には、インフルエンザ予防接種は必要か??
[海外出張や赴任にインフルエンザ予防接種は必要か??] 日本では、季節性インフルエンザは「低温度低湿...
ロゴ
海外のプール・海でも要注意!!海上保安庁HPにて"水難事故予防と対策"執筆が掲載
当院院長が執筆した『水難事故の予防と対策』が、「海上保安庁HP 海の事故防止対策」に掲載されました...
ロゴ
「白い粉薬」は要注意!?
日本では、「白い粉薬」って風邪の時などで、医療機関から処方されることがあるのです。 ところが、海...
ロゴ
海外に持って行くべき「薬」&海外での薬との付き合い方!?
海外渡航先で体調を崩しては、業務に支障が出てしまいます。日本と異なる「環境の変化やストレス」も大...
画像
「特別機内食」は活用出来るの!?
飛行機の旅の楽しみが"機内食"。国内線から一部を除き機内食が消えてしまったのは非常に残念ですね。幸...