SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 616
  • 登録相談数 74
  • 登録イベント数 384
  • ブログ投稿数 382
このウィンドウは当サイトを始めて訪問された方に表示しております
close

野藤コーポレーションの海外展開ブログ


インドネシアの国民健康保険の状況

2017年8月5日 09:33   16

インドネシアの社会保障機関(BPJS)は、2014年からスタートしている国民健康保険(JKN)制度の加入者が2017年7月14日時点で、1億7,901万人に達したと発表した。

ファーストクラスの提携医療機関は、全体で20,877ケ所。内訳として、保健所が9,829ヶ所、開業医が4,523ヶ所、歯科開業医が1,151ヶ所、総合診療所が5,360ヶ所、総合病院が14ヶ所。これら以外にも専門的提携期間として、専門病院が2,179ヶ所、薬局が2,274ヶ所、メガネ店が998ヶ所となっている。

JKNが制定される前から保険制度はあったものの、全国民を対象とする公的医療保険制度は存在しておらず、無保険者数は国民の約40%にも達していた。そこで、インドネシア政府はJKNを制定し、2019年までに全国民への普及を図る計画。

(出所:https://bpjs-kesehatan.go.id/bpjs/index.php/post/read/2017/475/BPJS-Kesehatan-Ajak-Pelajar-Budayakan-Pola-Hidup-Sehat-Sejak-Dini

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 16
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。