海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 715
  • 登録相談数 114
  • 登録イベント数 680
  • ブログ投稿数 1,146
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > 中国とのビジネスで一番大事なこと

翠星企画株式会社の海外展開ブログ


中国とのビジネスで一番大事なこと

イベント情報(告知 / 報告)
ノウハウ
コンサルティング
販路開拓
中国

2017年8月7日 12:46   4

中国とのビジネスで一番大事なこと、それは「信頼できる中国人ビジネスパートナーと組むこと」です。

日本国内のビジネスにおいても、当然パートナーは大事なのですが、中国ビジネスにおいては、パートナー無しには事業が成り立たないといっても過言ではないです。

その理由としては、主に以下の通りです。

1.中国では中国国籍を持っていないとできないことがある
中国では様々な規制等により、外国人ではできないことが色々あります。
また、中国国籍を持っている人にはたやすいことも、外国人がやろうとすると非常に難しくなる、ということもあります。
例えば、各種許認可の取得、海外送金関連、各種サービスの利用など、様々です。
正式な中国居住許可を持っていれば、外国人でもある程度できることも増えていきますが、出張ベースの非居住者だといろいろ不便を感じるはずです。

2.独特な商習慣や法制度を完全に理解するのは難しい
我々日本人にとっては中国は外国です。
中国に限った話ではないのですが、日本の常識では考えにくい商習慣や、日本とは異なる法制度があり、外国人である我々がそれらを完全に理解するというのは、ちょっと現実的ではありません。
(中国に移住して何十年、という人なら別でしょうけれど)

3.中国の役所対応は超ハード
2と近い部分がありますが、中国のお役所手続きは非常に難易度が高いです。
ある手続きを行おうとした場合、必要書類がまずはっきりしていない、問い合わせてみようにも電話はなかなかつながらない(電話受けたくないから受話器を上げっぱなしにしているという説もある)、担当者によって言うことが違う・・・
現地の中国人でさえ、辟易しているお役所手続きを、我々外国人がやっていくというのは正直、至難の業です。

ただ、「いくら中国人ビジネスパートナーが重要だとはいっても、どうやって探せばよいかわからない」という方に向けて、来月、宮城県よろず支援拠点にてミニセミナーを開催いたします。

9/2(土)「中国人ビジネスパートナーの探し方と付き合い方」

こちらのミニセミナーでは、中国人ビジネスパートナーの探し方はもちろん、彼らとその後、いかに仲良く付き合っていくかということについてもお話いたします。
中国人妻を持ったことで家族関係の内側に入ることができたからこそお話できる、本当の中国人との付き合い方です。

参加費は無料で、時間は13時~15時です。
場所は宮城県よろず支援拠点上杉サテライト(宮城県仙台市青葉区上杉一丁目16番8号プロスペール本田3F)
定員は5名と少人数で行いますので、リラックスした雰囲気で、受講生同士の交流もできます。
前回のミニセミナーでは、受講者同士、中国ビジネスに関する情報交換で話がはずんでいました。

前回のミニセミナーにご参加いただいていない方の参加もOKですので、興味ある方はお気軽にお申込みください。

お申込みは宮城県よろず支援拠点のウェブサイトから申込み用紙をダウンロードし、FAXしていただくか、メールでご送付ください。

参加お申込みをお待ちしております。

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 4
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
現地に行かなければ得られないもの
先日、また中国上海へ行ってきました。 今回は「中国でのビジネス展開に興味があるので同行したい」...
ロゴ
卸売りをするなら忘れてはいけないこと
弊社が中国など海外への販路開拓支援を行う際に、支援先の商品を弊社が代行して現地バイヤー等へ紹介す...
ロゴ
海外ビジネスでは現地語を話せた方がいい理由
海外ビジネスに取り組んでおられる方は、英語はだいたい話せるという方が多いと思います。 また、これ...
ロゴ
中国EC進出はじめの一歩
ネット関連のニュースをよくご覧になっている方はご存知かと思いますが、近年、中国のEC(ネットショッ...
ロゴ
海外展開の基本的な手順
海外展開で失敗する企業は、「海外展開の手順」を踏んでいないことが多いです。 まずはこの基本的な手...
ロゴ
中国越境EC参入にはモール出店しか選択肢がないのか?
ここ数年で”越境EC”というキーワードはだいぶ浸透してきた気がします。 国別に見ると、販売先のトッ...