SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 605
  • 登録相談数 67
  • 登録イベント数 334
  • ブログ投稿数 320
このウィンドウは当サイトを始めて訪問された方に表示しております
close

野藤コーポレーションの海外展開ブログ


ジャカルタ近郊の工業団地エリア(ブカシ県・カラワン県)在住の日本人1,000人超え

2017年8月23日 17:00   9

(2017年8月)

外務省統計データによれば、インドネシア在住の日本人は全国で約19,000人で、首都ジャカルタ近郊にある工業団地区域である「ブカシ県・カラワン県(=通称チカラン、カラワン)周辺」に住む日本人は、そのうち1,000人強(2014年10月時点)との統計データが出た。2011年の約500人と比べると、4年で約2倍 に増えており、2017年現在も引き続き増えている。

チカラン・カラワン周辺は、日系工業団地も含めて10以上の大型工業団地群が拠点をおく、首都ジャカルタに最も近い工業団地エリア。エリア自体が“工業団地”という土地柄にもよるが、首都ジャカルタに比べて、まだまだ居住物件(アパート・サービスホテル等)・デパート・レストラン・教育施設などの(日本人駐在員が利用できるレベルの)生活環境が整っていない。そのため、チカランで働く日本人も、その大多数がジャカルタに住み片道1.5~3時間以上かけて通勤するのが主流だった。しかし、ここ1~2年ほどで(駐在員が住めるレベルの)アパート・サービスホテル物件も増え、チカランに拠点を置く日本人の人口が増えている。これまではあまり耳にしなかった、女性の単身駐在員がチカランに住むという話も聞くようになった。

理由はいくつかあると思うが、安全面・セキュリティの観点も含めて、「最低限の住環境が(日本人駐在員が住めるレベルに)整ってきた」のが大きなきっかけになっているのは間違いない。
——————————————————————————

(外務省の在留邦人統計によると、ブカシ県の在留邦人数(在留届ベース)は2015年10月時点で1184人。前年比26.6%増となっており、11年の523人から4年で倍増。なおインドネシア全土では在留日本人は約19,000人、うち約半数の10,000人弱が首都ジャカルタ在住(2016年3月時点、在留届数ベース)。)
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/36156.html

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 9
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。