SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 646
  • 登録相談数 82
  • 登録イベント数 420
  • ブログ投稿数 459
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > 日本華人華僑創新協会理事長出席 日中国交正常化45周年記念式典招待

一般社団法人日本華人華僑創新協会の海外展開ブログ


日本華人華僑創新協会理事長出席 日中国交正常化45周年記念式典招待

海外現地事情

2017年9月15日 11:17   24

【北京】8日、日中国交正常化45周年を記念する中国主催の式典が、北京の人民大会堂で行われました。式典前には、中央少年広播合唱団と北京日本人学校の子どもたちが中国の民謡「茉莉花」と日本の「四季の歌」を合唱が行われました。

式典には日本側から当協会の理事長李大清と顧問の園田博之衆議院議員、日中友好議員連盟に所属する国会議員や経団連の榊原会長など約130人。中国側から全国人民代表大会常務委員会の王晨副委員長兼事務局長、中国人民対外友好協会の李小林会長ら、両国の約300人が出席しました。

 日本と中国は1972年9月29日、人民大会堂で、当時の田中角栄首相と中国の周恩来首相らが共同声明に調印し、国交を正常化しました。

 中国務委員、中日友好協会の唐家璇会長と日本国際貿易促進協会の河野洋平会長(元衆院議長)の挨拶の後、周恩来元首相の姪の周秉徳氏と田中角栄元首相の娘の田中真紀子氏も登場し、両国の上の代の指導者の方達が日中国交正常化と両国の友好事業促進に向けて行った努力を振り返りました。


理事長李大清、日中平和友好連絡会の園田直飛人理事長、黄華氏(日中平和友好条約に調印した元中国外務大臣、元中国副首相)夫人(写真上段中央)、全国政治協商委員(国会議員)らと記念撮影。

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 24
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています