SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 637
  • 登録相談数 78
  • 登録イベント数 399
  • ブログ投稿数 437

株式会社ウニードスの海外展開ブログ


日本で介護職を目指す在日フィリピン人向けのセミナーが、大阪で開催されました!

2017年10月22日 14:42   17

在日フィリピン人に介護職員養成研修や関西の介護施設への派遣等を行う株式会社キャリーアップ(本社:和歌山、鍬田優一代表取締役)が22日に、難波御堂筋ホール(大阪市)で、フィリピン人向けのセミナーを開催しました。


(キャリーアップの社員のみなさん、右から3番目が鍬田代表)

今年は、日本の介護業界と外国人人材に関して、転換の年です。
なぜ、今年が転換の年なのか?

セミナーでは、介護職に関する2つの最新動向と同社が提供する教育事業の紹介がタガログ語で行われました。


(留学生事業担当のフィリピン人スタッフの三木さん)

①2016年11月、法案可決した「介護」ビザについて

・他の種類のビザで滞在している人が、介護福祉士資格を取得して、
「介護」ビザに切り替えを目指す
・新たに留学生として入国し、その後、介護福祉士資格の取得、
「介護」ビザへの切り替えを目指す

の、2つの方法が紹介されました。


(セミナーに参加していた9月に入国したばかりだというフィリピン人のアレンさんは、留学生として日本語学校に通いながら、介護施設でのアルバイトをしています。彼も、介護福祉士を目指しています)

②新しく対象職種となる介護職の技能実習生(11月1日~)

2016年12月の時点で、フィリピン人技能実習生の全職種での総数がベトナム、中国に次ぐ3番目の多さであることに触れた上で、
新しく介護職が追加されることが紹介されました。

また、同社と協力関係にある大阪府内に10箇所以上の介護施設を運営しているピースフリーケアグループの太田専務取締役らも参加し、「介護」ビザを目指すフィリピン人の皆さんに、「ぜひ、介護業界で働いてください」と激励を送りました。

今回、キョウダイレミッタンスは、このセミナーに協賛させていただいております。

セミナーの最後には、来場者向けのゲーム大会も行われました。さすが、フィリピン人、とても盛り上がっていました。

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 17
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。