海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 715
  • 登録相談数 114
  • 登録イベント数 702
  • ブログ投稿数 1,200
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > CEIBSの副学長、教授陣が来年2月19-21日に東京にて中国最新ビジネス動向について講演決定!

Integral.Co.,Ltd.の海外展開ブログ


CEIBSの副学長、教授陣が来年2月19-21日に東京にて中国最新ビジネス動向について講演決定!

海外現地事情

2017年11月9日 11:14   11

弊社が拠点をおくChina Europe International Business School(通称CEIBS、中欧国際工商学院)の副学長、教授が来年2月に東京にて講演を行うことが決定しました!

CEIBSは日本では知名度がまだまだ低いですが、アメリカにおけるハーバード、スタンフォード、ウォートンといった名門がアメリカで抜群のブランドを持っているように、CEIBSは世界では名実ともにアジア最高峰のビジネススクールと認められています。アリババの前CEO、JD.comの創業者、青島ビール前会長等多くの中国有名企業のトップを輩出していることでも有名です。

今回来日するCEIBS副学長のDing Yuan氏は、ハーバード大學卒(会計学博士)後、フランスの名門HECにて企業会計学の教授として教鞭を振るい、中国、欧州経済における企業経済学の第一人者として活躍されていました。CEIBS加入後は、欧米のMBA、EMBAの一流校に匹敵する企業管理プログラムを中国に導入するべく、ハーバード大學、ウォートンスクール、ニューヨーク大學、IESE等と戦略的提携を結び、これまで多くの一流エグゼクティブ・プログラムの開設に尽力されてきました。そんなDing Yuan氏は日本マーケットを非常に重要視しており、より多くの日本の優秀な人材、企業にCEIBSを知ってもらうべく2月19, 20, 21の三日に渡り講演及び対談を行います。

また同じく今回講演に来るCEIBS教授であるバイロン・リー氏はグローバル人事管理学のエキスパートで、CEIBSで最も人気のある教授の一人です。今回の講演では中国におけるAI、ビッグデータを活用した採用プロセス等の最新の人事動向の講義を行います。

それぞれ中国ビジネスにおける第一人者の意見を聞ける、滅多にないビッグイベントですので、MBA、EBMA、エグゼクティブプログラムに関心のある方は勿論、中国ビジネスの最新動向をキャッチアップされたい方は是非ご参加ください。ご質問や参加されたい方は上記パンフレットの連絡先か、直接弊社に問い合わせていただいても結構ですので、是非ご検討ください!

*弊社について
インテグラル株式会社はクロスボーダービジネスマッチングコンサルティングの専門集団として立ち上げられ、主に日中企業間のビジネス提携を成功に導くことを使命としています。中国3000+CEOとの広大なネットワークを持つことが強みで、貴社に最適なビジネスパートナーを見つけます。もし中国ビジネスに興味あれば、弊社HPにて最新のお役立ち中国ニュースやプロジェクト案件例など紹介していますので是非一度お立ち寄りください。

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 11
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

画像
燃料電池車 VS 純電気自動車(EV) どちらが普及する?
今回のブログでは、よく日本の報道で取り上げられる燃料電池車(FCV)と純電気自動車(EV)は将来どちらが普...
画像
2017年中国の太陽光発電市場の最新動向(第二部)!
中国太陽光発電の最新動向について二部に分けて説明しています。前回の第一部は全体の累積・新規発電設...
画像
中国(張家口)水素燃料電池産業パーク・風力発電所視察報告
1. 初めに   中国の水素・燃料電池産業は中央政府の設定した野心的な目標(2020年までに燃料電池...
画像
2017年中国の太陽光発電市場の最新動向(第一部)!
2017年の中国太陽光発電の累積発電設備容量は131.14GWに到達しています。この数値を見て、あれ?と思わ...
画像
中国2030年までに水素燃料電池車1,000,000台生産!
■日時:2018年8月26日 カテゴリ:水素・燃料電池 燃料電池と言えば日本では家庭用コジェネシステム...
ロゴ
中国販路開拓プロジェクト事例:再生可能エネルギー発電器の中国販路開拓
今回は弊社が引き受けている中国販路開拓プロジェクト事例をご紹介致します。 【事例】:シンガポー...