SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 663
  • 登録相談数 85
  • 登録イベント数 457
  • ブログ投稿数 573
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > <海外撤退企業から学ぶ>

Go Asia Offices Japanの海外展開ブログ


<海外撤退企業から学ぶ>

ノウハウ
レンタルオフィス
リスク管理・リスク対応
海外撤退
アジア

2017年12月19日 23:25   7


海外撤退した日本企業が、<こうした取り組みをしておけばよかった>という中で意外に多いのが<フィージビリティ・スタディの実施>という項目です。
現地での市場調査を始め、計画した事業が実現可能かなど、現地に拠点を設けて多角的に念入りに調査することが、進出前には重要で進出成功の大きな要因となっているようです。
アジア&日本進出をしている欧米企業の多くは、進出前(現地法人設立前)に現地で<サービスオフィス>を利用して拠点オフィス(駐在員事務所)を構え、6か月~1年かけて現地調査をすることが通例です。
(サービスオフィスは現地法人がなくとも契約利用が可能です)
こういった海外進出前の取り組みがその後のリスク低減、成功に結び付くとも言えます。

日本企業も先ずは現地法人をつくるという前に、こういった事前の取り組みに注力すべきではないでしょうか?
また、海外のオフィス賃貸契約は2~3年の定期借家契約(中途解約不可)ですので、撤退時でも残り期間の家賃支払い義務が生じます。サービスオフィスならばビジネスプランに合わせて契約期間(3~12~24か月)を自由に選べるのでリスク管理しやすいという点も要注目です。
サービスオフィスの利用&活用法に関しては
お気軽にコメントメッセージでお問い合わせ下さい。

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 7
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

画像
タイ:バンコクオフィス事情
今回はタイ、バンコクからの投稿です。 今年2018年はバンコクのオフィス市場が転換点を迎える年...
画像
リース会計基準変更とオフィス賃貸について
2019年から適用になるIFRSリース会計基準変更とオフィス賃貸について: オフィスの賃料についても、現...
画像
お客様の声(Testimonials) – 3
今年もアジア各都市でオフィス探しの支援をさせて頂きました。お客様からの声の一部です。次は貴社の支...
画像
ベトナム:ホーチミンのオフィス事情
来年も経済成長で注目され、進出企業増加が見込まれている、ベトナム、ホーチミン。 新たに3箇所...
画像
香港&広州のオフィス事情
香港&広州のオフィス事情 今回初めて中国で三番目に人口が多い広州を訪問してきました。 広州市、...
画像
アジア各都市でのオフィス探し、お問合わせが急増中です!
アジア各都市でのオフィス探しに関する問い合わせが急増中です! 来年度からのアジア拠点設立を予...