海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 710
  • 登録相談数 93
  • 登録イベント数 565
  • ブログ投稿数 807
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > 世界のこんな日(回答:前編)

合同会社トロの海外展開ブログ


世界のこんな日(回答:前編)

海外現地事情
市場調査・現地調査
海外出張
越境ECサイト立上げ
海外向けWEB作成
展示会
販路開拓
テスト販売
翻訳
中国
香港
台湾
韓国
インド
バングラディシュ
シンガポール
マレーシア
インドネシア
タイ
カンボジア
ベトナム
ミャンマー
フィリピン
ラオス
スリランカ
ブルネイ
その他(アジア)
米国
カナダ
メキシコ
ペルー
チリ
その他(中南米)
イギリス
フランス
ドイツ
その他(欧州)
ロシア
オーストラリア
ニュージーランド
その他(オセアニア)

2017年12月22日 16:55   5

12月22日、今日は冬至です(四日月も綺麗です)。カボチャを食べ、柚子湯に浸かる。これぞ日本の風習ですね。

さて、世界のこんな日、クリスマス前に答え(前編)をお知らせします。皆様におかれては、楽しき週末をお迎えください。

1.1月7日:
ロシア正教など東方正教会のクリスマス。12月25日でない理由は、今でもユリウス暦を使用しているため。尚、東方正教会でもギリシャ正教会は12月25日にクリスマスを祝うとのこと。ちなみにサンタクロースではなく孫娘が青い衣装で登場。
ロシアに取引先のある方、今からでもカードを出すのは遅くない?!

2.2月16日:
言わずと知れた春節、あるいは中華正月、旧正月。中国、韓国、台湾、香港、シンガポール、ベトナム、華僑のいるところはまさに正月。アジアで旧正月を祝わない国は日本くらい?!
横浜・神戸・長崎などのチャイナタウンでドラゴンダンスが楽しめる。

3.4月1日:
キリスト教の復活祭=イースター。春分の後の最初の満月後の日曜日(ややこしい定義)。どうやらクリスマスより復活祭の方が大切らしい。
色付けした玉子が復活祭のシンボル。

4.4月5日頃:
清明節。(中国などでは)祖先のお墓参りをする習慣あり。家族そろって出かけ、墓を綺麗に掃除し、草をむしり、土を盛る。そういう日である(お盆みたいな感じ)。
ただし最近では、この時期に日本で桜が満開を迎えるので、ご先祖の墓参りというよりも日本に花見に行くという不届きものが多い、と聞く。
インバウンドビジネス関係者には忘れてはいけない日の1つ。

では。

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 5
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
4月30日満月の夜、木星と接近(ただし、北極近くは見られません)
4月の満月をピンクムーンと呼ぶそうですが、今年は4月30日夜に見られます(月がピンクになるわけではな...
画像
ジェトロ新輸出大国エキスパート業務委託先法人として採択
2018年度のジェトロ新輸出大国エキスパート業務(機械・環境分野)(スポット型)委託先法人として採択...
ロゴ
シリコンバレー発 今熱いのはレンタル電動スクーター!(電動自転車もあり)
自動運転車、カーシェアリング。これらの話題を聞かぬ日はありません。 そこに、ちょっと待って! と...
画像
4月中旬、またお正月(タイ、ミャンマー、カンボジア、ラオス)
4月8日は花祭り(お釈迦様の誕生日)、そして上座部仏教が主流を占めるインドシナ半島の国々に新年がや...
ロゴ
「目を細める」(narrow one's eyes)は英語では好ましくない意味
「彼は孫のしぐさを目を細めて見つめた」 日本語の「目を細める」行為は通常「嬉しさや微笑ましさ」を...
ロゴ
あなたの仕事はロボットやAIに奪われない!?(OECD報告書)
一時テレビや雑誌・週刊誌が「10年後になくなる仕事」という特集を組み、様々な職種がロボットやAIに置...