SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 663
  • 登録相談数 85
  • 登録イベント数 465
  • ブログ投稿数 579
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > 【川崎大輔のアセアン自動車ニュース】2018年、ミャンマー自動車市場の今後の行方

合同会社アセアンプラスコンサルティングの海外展開ブログ


【川崎大輔のアセアン自動車ニュース】2018年、ミャンマー自動車市場の今後の行方

海外現地事情
市場調査・現地調査
海外出張
コンサルティング
人材
ミャンマー

2017年12月24日 10:17   3

ミャンマーについては、現在最も重要なポイントは日本からの中古車の右ハンドル規制(つまり日本からの中古車の輸入の締め出し)の影響だ。ミャンマー政府高官(貿易省)の方の話によると、再び右ハンドルの中古車を解禁する可能性だが、ミャンマー国内での新車に転換していく方向性は崩さず、右ハンドル規制を取り消すことはないとの回答。つまり右ハンドルの日本からの中古車がミャンマーに再び輸出される可能性はほぼなくなったとみて良い。

右ハンドル規制は事故が多いなどの危険というところは前から言われていることだが、それ以上にミャンマー国の貿易赤字の問題が大きい理由が、右ハンドル規制に踏み切った大きな理由だ。ミャンマーにおいては、年間2300億円の貿易赤字を抱えているが、そのうち中古車は500億円。

一方で、ミャンマーでは最大で2018年5月までは日本から中古車が輸出される可能性がある。政府から出される輸入許可証は、有効期限が発行後3ヶ月、また追加のお金を払うことでさらに3カ月の延長が認められている。そのため2017年12月に発行されたものは6月まで実質利用は可能。ただしこの許可証が後どのくらいあるかはわからない。許可証がなくなったら、すぐにオークション相場(ミャンマー向けの車種)が崩れるだろう。ほかの国にも送れるような車種、また国内の相場をしっかり見ながら、これからのミャンマー用の中古車を仕入れることが必要となる。主な(こらから値段の上下に注意する必要がある)ミャンマー向け車種を最後に参考に記載する。

また、直近の動きとしてミャンマー、オートローンでの新車購入が増加傾向。エーヤワディ銀行によると、ローンにより新車を購入する動きが顕著になっていることがわかった。以前は中古車市場で日本製の中古車を一括払いで購入する人が多かったが、今はローンで日本の新車を購入する動きが強まっている。特にトヨタのViosやスズキのCiazなどが人気で、3千万Ksくらいの車がよく売れている。中古車と新車の価格が縮めばそれは新車の方に動く。しかし、今までは中古車を購入しようとしていた方々が新車に動くのでローンは大変重要な役割を果たすようになるだろう。オートローンがまだ未発達のミャンマーにおいて、これから自動車ファイナンスの需要が高まってくると考える。

【(参考)主なミャンマー向け車種】
*ハイゼットカーゴ(ダイハツ)
*キャリー(スズキ)
*ミニキャブ(三菱)
*サンバートラック(ホンダ)
*クリッパートラック(日産)
*スクラムトラック(マツダ)
*ボンゴ(マツダ)
*ダイナ(トヨタ)
*プロボックス(トヨタ)
*タウンエーストラック(トヨタ)
*ライトエーストラック(トヨタ)
*バネットトラック(ニッサン)
*アトラス(ニッサン)
*タイタン(マツダ)
*デリカトラック(三菱)
*フィットシャトル(ホンダ)
*カローラアクシオ(トヨタ)
*CRV(ホンダ)

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 3
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

画像
(メディア掲載)日刊自動車新聞/アセアンプラスコンサルティング
日刊自動車新聞での連載【新時代を生きる 川崎大輔のアセアン流通】 弊社代表、川崎大輔の連載コラム...
画像
(メディア掲載)【川崎大輔の流通大陸】日本の整備士不足を救うか、ベトナムで育つ「人財」
【川崎大輔の流通大陸】にて、ベトナム人技術者紹介、及び技能実習制度について記事を書かせて頂きま...
画像
(メディア掲載)【川崎大輔の流通大陸】台湾における中古車流通
【川崎大輔の流通大陸】にて、台湾の中古車市場にについて書かせて頂きました。2017年9月に台湾を訪問...
画像
(メディア掲載)【川崎大輔の流通大陸】獲得すべき市場、アセアン自動車アフターマーケット
【川崎大輔の流通大陸】にて、アセアンの自動車アフターマーケットについて書かせて頂きました。日本...
画像
【共同通信のグループ会社NNA】掲載/アセアンプラスコンサルティング代表 川崎大輔
弊社代表、川崎大輔の記事が、共同通信のグループ会社でASEAN情報を提供するNNAに掲載されました。 『...
画像
【川崎大輔のアセアン自動車ニュース】ミャンマー、欧州やドバイから左ハンドル車を輸入開始
2018年向け車輸入政策により右ハンドルの日本製中古車が輸入できなくなったため、欧州やドバイから左ハ...

著者


合同会社アセアンプラスコンサルティング


最新の記事

(メディア掲載)日刊自動車新聞/アセアンプラスコンサルティング

(メディア掲載)【川崎大輔の流通大陸】日本の整備士不足を救うか、ベトナムで育つ「人財」

(メディア掲載)【川崎大輔の流通大陸】台湾における中古車流通

(メディア掲載)【川崎大輔の流通大陸】獲得すべき市場、アセアン自動車アフターマーケット

【共同通信のグループ会社NNA】掲載/アセアンプラスコンサルティング代表 川崎大輔

【川崎大輔のアセアン自動車ニュース】ミャンマー、欧州やドバイから左ハンドル車を輸入開始

(メディア掲載)日刊自動車新聞/アセアンプラスコンサルティング

(メディア掲載)【川崎大輔の流通大陸】気になるモンゴルの自動車マーケット

(メディア掲載)【川崎大輔の流通大陸】タイ中古車流通がもつ3つの特徴

【川崎大輔のアセアン自動車ニュース】アセアン域内で関税撤廃、自動車市場に変化

(メディア掲載)【川崎大輔の流通大陸】グローバル流通が不可欠、これからの自動車リサイクル

(メディア掲載)【川崎大輔がみるアセアンアフターマーケット】台湾の中古車査定、業界の更なる活性化

【川崎大輔のアセアン自動車ニュース】2018年よりベトナムが自動車部品関税ゼロへ

(メディア掲載)【川崎大輔がみるアセアンアフターマーケット】ベトナムで中古車ビジネス、初の日系企業

自動車業界誌「整備戦略」(1月号)【この人に聞く】掲載