海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 712
  • 登録相談数 102
  • 登録イベント数 634
  • ブログ投稿数 1,003
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > 中国の2大IT企業~アリババvsテンセント~

一般社団法人 日中経済交流協会の海外展開ブログ


中国の2大IT企業~アリババvsテンセント~

海外現地事情
中国

2017年12月26日 09:59   9

中国の2大IT企業が目覚ましい成長を遂げています。微信(WeChat)などで知られるテンセントの株式時価総額は約5058億ドル(以下、株式時価総額)、ネット通販サイト天猫(T-mall)などで知られるアリババグループは約4894億ドル。アップルの約8,983億ドル、グーグルの親会社であるアルファベットの約7,341億ドルには及ばないものの、アマゾン・コムの約5,716億ドル、フェイスブックの約5,311億ドルに匹敵する状況にあります。

日本円に換算すると、テンセントは約55兆8千億円、アリババグループは約54兆円となります。テンセントは香港証券取引所、アリババグループはニューヨーク証券取引所にそれぞれ上場していますが、年初来約2倍の伸び率となっていて、日本の株式市場の動向からすれば、とんでもない数字です。

中国では、FacebookやTwitter、Lineなど日本でおなじみのSNSには規制があり、その代わりに中国独自のSNSがあり、広く普及しています。中国版Lineと言われる微信(WeChat)は現在、中国を中心に約9億8千万人のユーザーがいます。その他、中国版Twitterと言われる微博(Weibo/ウェイボー)や中国版YouTubeと言われるYoukuなどもありますが、それぞれ多くのユーザーを獲得しており、業績にも影響していると思います。

アリババ、テンセントに中国検索大手の百度(Baidu/バイドゥ)を加え、頭文字から中国の3大IT企業をBATを呼ぶこともありますが、近年、アリババとテンセントの戦いが激しさを増しています。

例えば、金融ではモバイル決済で、支付宝(アリペイ)と微信支付(ウィチャットペイ)のシェア争いが有名です。また、アリババ旗下の網商銀行とテンセント旗下の微衆銀行も小口金融を中心に争っていますし、さらにベンチャー融資でも、シェア自転車、配車アプリ、フードデリバリーサービスなど新業態への出資も積極的に展開しています。

中国では人気になったサービスへの新規参入が相次ぎ、その後過当競争に陥るケースが目立ちます。頭角を表した新興企業に対しては、アリババかテンセントが出資するケースが多くみられますが、最近は両社が新たなサービス分野を寡占する弊害を懸念する声も出始めていいます。

筆者が中国に出張した際に活用していた配車アプリ「滴滴打車」は非常に便利で、まさに消費者ニーズに合ったサービスだったと感心しましたが、アリババグループ傘下の快的打車と合併したことでサービス低下が噂されています。

近年は海外展開も積極的で、日本でも2017年6月に、シェア自転車「Mobike/モバイク」が北海道札幌市で展開することが発表されましたが、モバイクもテンセントから約6億ドルを調達していますし、中国版食べログ「大衆点評」も2017年3月に日本法人を設立しましたが、同社もテンセント系の企業になります。

アリババはネット通販事業のイメージが強いですが、事業の多角化を図っています。テンセントは知らない方もいるかもしれませんが、上記のように日本での活動も始めています。世界的企業となった両社の今後の動向から目が離せませんね

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 9
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
中国の展示会を活用した販路開拓⑦
本日で展示会に関するブログは最後になりますが、今回は中国と日本の展示会の違いについて書きたいと思...
ロゴ
中国の展示会を活用した販路開拓⑥
よく言われることですが、出展の目的を明確化することで出展効果を高めることができます。「今回の出展...
ロゴ
中国の展示会を活用した販路開拓⑤
先週は、展示会の選び方を中心に話をしてきました。今回からは、出展に際しての注意事項について書いて...
ロゴ
中国の展示会を活用した販路開拓④
昨日は、展示会を選ぶ基準の一例として、「総合型」と「専門型」の違いを説明しました。これは展示会の...
ロゴ
中国の展示会を活用した販路開拓③
展示会を選ぶ基準はたくさんありますが、中国での展示会出展の場合、ひとつには、「総合型」と「専門型...
ロゴ
中国の展示会を活用した販路開拓②
前回、海外の展示会出展のメリットについて書きましたが、特に中小企業にとってはハードルがあることも...