海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 715
  • 登録相談数 114
  • 登録イベント数 676
  • ブログ投稿数 1,137
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > リース会計基準変更とオフィス賃貸について

Go Asia Offices Japanの海外展開ブログ


リース会計基準変更とオフィス賃貸について

ノウハウ
レンタルオフィス
会計・税務
中国
香港
台湾
韓国
インド
バングラディシュ
シンガポール
マレーシア
インドネシア
タイ
カンボジア
ベトナム
ミャンマー
フィリピン
ラオス
スリランカ
ブルネイ
その他(アジア)
オーストラリア
ニュージーランド

2018年1月5日 12:47   11

2019年から適用になるIFRSリース会計基準変更とオフィス賃貸について:
オフィスの賃料についても、現在価値を算出して貸借対照表にオンバランスになります。
但し12ヶ月以下の契約については適用外となります。
今年はIFRSを採用している多くの多国籍、上場企業のサービスオフィス利用増加が見込まれます
日本&アジアでサービスオフィス&コワーキングオフィスを
検討される企業様、お気軽にご連絡下さい!

Starting in 2019, MNCs and listed companies will need to start reporting the impact their workspaces have on their finances. This is a new accounting change announced recently by the International Accounting Standards Board (IASB) and the US Financial Accounting Standards Board (FASB). What this means is that though some companies have debt via workspace (offices) and real estate, their financial state isn’t transparent.
The good news is short-term leases under 12 months are exempt from this new provision.

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 11
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

画像
オフィスは、”利用”する時代です!
アジアの多くの国で賃貸オフィスを契約すると、通常2~3年以上の契約が普通です、勿論日本と違い...
画像
アジアのサービスオフィス&コワーキングオフィス利用企業の現状
最近、特にここ1年のアジア主要都市でのコワーキング、サービスオフィスの利用企業の規模が大きく変わ...
画像
<クアラルンプールの新しいワークプレイス>
クアラルンプールの新しいワークプレイス 此方は昨年夏にオープンした、コワーキングオフィスとサ...
画像
ベトナム:ホーチミン最新オフィス事情
今週はホーチミンに来ております。 今年の2月にもブログでお知らせしましたが、ホーチミンの賃貸オフィ...
画像
アジアの都市でオフィスビル入館・訪問をする際に気を付けたい事
アジアの多くの都市でオフィス入館・企業訪問をする際は、ビルのセキュリュティーが日本以上に厳しい事...
画像
クアラルンプールのオフィス事情(ミッドバレー地区)
以前にもお知らせしましたが、マレーシアの首都クアラルンプールはアセアンの都市の中でもオフィスが安...