海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 714
  • 登録相談数 116
  • 登録イベント数 705
  • ブログ投稿数 1,218
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > 【海外ビジネスの現場から】価格から決めろ!「良いモノをつくれば売れる」とは限らない

株式会社ピンポイント・マーケティング・ジャパンの海外展開ブログ


【海外ビジネスの現場から】価格から決めろ!「良いモノをつくれば売れる」とは限らない

海外現地事情
市場調査・現地調査
コンサルティング
中国
香港
台湾
韓国
インド
バングラディシュ
シンガポール
マレーシア
インドネシア
タイ
カンボジア
ベトナム
ミャンマー
フィリピン
ラオス
スリランカ
ブルネイ
その他(アジア)
米国
カナダ
メキシコ
ペルー
チリ
その他(中南米)
イギリス
フランス
ドイツ
その他(欧州)
オーストラリア
ニュージーランド
その他(オセアニア)

2018年1月24日 11:38   10

日本企業は今まで、「良いモノを作る」という事に注力してきました。
良いモノ⇒売れる という考えからです。

グローバル化の進展にともなってこの考え方を変える必要があります。
高い品質・性能が軸にならないとすれば、新しい軸はなんでしょうか?

まず、価格を決める事です。価格のニッチを探してそこに設定するのです。

例えば室内用クーラー。高性能を目指すのであれば「人の体温を感知して作動する」「人に風が当たらない」「自動的に掃除してくれる」といろいろな特徴が考えられるでしょう。そういった性能を全ていれて、「これが世界一の性能の室内クーラーです。30万円。」といっても世界中の誰も買ってくれない可能性があります。

であれば、世界中のクーラーの価格を調べて、3万円前後の価格帯に製品がないと分かれば、その価格で売れるクーラーを作る事に全力を尽くすのです。最新の部品を使う必要もありません。

人は買うモノを選ぶときに何を基準にするかと考えた時、まず価格帯なのではないでしょうか? 家を買うなら4000-5000万円、家族旅行は10-15万円、父の日のプレゼントは1-2万円、といった感じです。

その価格レンジに外れた製品をいくら作っても無駄だという事です。逆に言えば、それ価格レンジ内で市場に製品・サービスがない価格帯があれば、それはねらい目という事です。

そういった発想の転換が必要な時代にになっています。

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 10
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
東京商工会議所 国際部での講演
中小企業が海外に製品を売るためには多くの課題があります。なかでも海外に信頼できる販売パートナーを...
ロゴ
実践!商談、展示会で使える 「売れる英語」講座
弊社代表大澤裕著「売れる英語」から抜粋した、『実践!商談、展示会で使える「売れる英語」講座』が、...
画像
食品を世界へ売り込むノウハウ
世界売上トップ3に入る 米国の大型倉庫型小売チェーン店、米国本社、元食品担当バイヤー、ハンツーンヒ...
画像
米国進出の第1歩
海外展示会への出展は、ゴールではありません。 北米の展示会に出展された企業様、現地にフォローアッ...
ロゴ
【海外ビジネスの現場から】海外の販売代理店候補との交渉いろいろ
大阪のセンサー製造会社の技術担当 K 氏と米国のセールスレップを訪問した時のこと。自慢のセンサーを見...
ロゴ
【海外ビジネスの現場から】和風テイストの製品づくりの注意点
ギフト製品などの消費財メーカー企業で、メイド・イン・ジャパンを非常に強く主張した製品を作られるこ...