海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 674
  • 登録相談数 90
  • 登録イベント数 514
  • ブログ投稿数 644
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > 越境ECの大本命『Magento (マジェント)』に関するよくある質問

ジェイグラブ株式会社の海外展開ブログ


越境ECの大本命『Magento (マジェント)』に関するよくある質問

ノウハウ
越境ECサイト立上げ
中国
香港
台湾
韓国
シンガポール
マレーシア
インドネシア
タイ
ベトナム
フィリピン
米国
カナダ
イギリス
フランス
ドイツ
その他(欧州)
オーストラリア
ニュージーランド
その他(オセアニア)

2018年2月1日 20:24   9

よく質問されるのが「越境EC構築はなぜMAGENTOが最高の選択なのでしょうか?」です。

越境EC機能としてまず一番重要なのが、多言語と多通貨対応(60以上)に対応した越境EC専用に作られたECサイトで運用できるかどうかです。

日本のECカートやASP、パッケージでは言語の追加や、国際決済の導入などに莫大な費用と期間が掛かるだけでなく、海外向けに内部がローカライズできずSEO対策や各国向けに最適化がほとんどできず結果として海外で売れていません。

Magento(マジェント)はその点、世界で25万社以上が利用されているパッケージであるため、搭載されている機能も数億円レベルのECサイト同様の機能が搭載されており、一つのMagentoでブランド別やショップ毎に構築も可能です。

さらにECサイトのレイアウト、決済方法、送料、配送、キャンペーン、クーポン、ポイントなどもきめ細かく国別に設定ができるのが、世界で最も多く利用されている理由の一つで、それにもかかわらず、低価格短納期で構築が完了し即座に越境EC事業、海外進出のできるオススメできる世界最強のECプラットフォームなのです。

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 9
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
「越境EC」とは?
越境ECはウィキペディア(百科事典)で「インターネット通販サイトを通じた国際的な電子商取引」と定義さ...
画像
MAGENTO(マジェント)とSHOPIFYとの違いとは?
海外ではMagentoとShopifyの二強と言われておりよく比較されます。 Magentoは歴史が古く以前から人気...
画像
越境ECの大本命『Magento (マジェント)』に関するよくある質問(2)
越境EC MAGENTO構築後の運用はどのようになりますか?という質問ですが、様々な運用支援の方法があるの...
ロゴ
越境ECの大本命『Magento (マジェント)』について
越境ECの大本命『Magento (マジェント)』って何ですか?という質問をよく受けますので簡単にどんな...