海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 674
  • 登録相談数 90
  • 登録イベント数 514
  • ブログ投稿数 644
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > イスラム圏からのインバウンドで知っておきたい「ハラール」とは

アリババ株式会社の海外展開ブログ


イスラム圏からのインバウンドで知っておきたい「ハラール」とは

ノウハウ
市場調査・現地調査
中国
香港
台湾
韓国
インド
バングラディシュ
シンガポール
マレーシア
インドネシア
タイ
カンボジア
ベトナム
ミャンマー
フィリピン
ラオス
スリランカ
ブルネイ
その他(アジア)
米国
カナダ
中東

2018年2月15日 09:17   4

訪日外国人の数が過去最高を更新しているなか、注目されているのが東南アジアなどイスラム圏からの観光客の増加です。信仰上の理由から、食事をはじめとする生活にさまざまな特徴を持つ彼らを誘致するうえで知っておくべき、ハラールビジネスについて説明します。

■ハラールとは?

ハラールとは、「イスラムの教えで許されているもの」をさすアラビア語です。イスラム教はアッラーという唯一の神の教えを実践しながら日々を過ごすことを義務とします。例えば、日々の祈祷は旅先でも欠かすことなく実践され、禁じられた食品は口にしません。

食に関するハラールについては、「禁じられたもの(ハラム)以外はハラール」と認識するのが適当です。ハラムにあたる食品は、豚とその派生物、アルコール、血液など。ハラムではない野菜、果物、魚、卵、牛乳などは問題ありません。豚以外の肉類に関しては、イスラムの教えに則った方法で加工処理されていれば食することができます。

「ハラール認証」とは専門家がハラールであることを保証する制度で、認証機関は200以上あると言われています。じつは世界統一基準はなく、その背景にはイスラム教の宗派や宗教指導者の見解に違いがあるためと言われています。

ただし、見解の違いがあっても、ハラール認証の有無はイスラム教徒(ムスリム)にとって明確な基準であることには違いありません。ハラールは「農場からフォークまで」と言われるように、生産工程から調理まで意識する必要がありますが、実現できれば大きなアピールポイントとなります。

【↓↓↓続きはこちら↓↓↓】
 ※インバウンドで期待されるハラールビジネスと取り組み事例について
 https://aj-press.alibaba.co.jp/topic/id=181

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 4
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

画像
日本の「弁当箱」がフランスでブーム?弁当文化が海外で注目される理由とは
コンパクトな専用容器に色とりどりのおかずを詰めた弁当は、日本が誇る食文化のひとつ。そんな弁当...
画像
経営者として大事なのは飛び込む勇気(株式会社香月園)
愛媛県新居浜市の一角にあるお茶と茶道具のお店、香月園。店舗には地元の人がたびたび訪れ、一見す...
画像
海外販路開拓の手法を知ろう。越境ECの始め方・販売代理店の開拓方法
海外販路開拓に挑戦したいものの、どこから手をつければ良いかわからないという声は少なくありませ...
画像
古くて新しい素材「エボナイト」で町工場から世界へ! 日興エボナイト製造所の挑戦
皆さんは「エボナイト」という素材をご存じでしょうか。 天然ゴムに硫黄を加え、熱して製造する硬く...
画像
海外でブームの日本食。「和の味覚」輸出に成功した企業が取り組んだこと
四季折々の食材を活かし、繊細な味わいと鮮やかな盛り付けで彩られる和食。栄養バランスも優れてい...
画像
創業100周年までに 海外売上10億を目指す(株式会社エムテートリマツ)
工具や刃物などの金属加工で世界的に評価される製品を多く生み出す町、新潟県燕三条。株式会社エム...