海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 710
  • 登録相談数 93
  • 登録イベント数 565
  • ブログ投稿数 807
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > 越境EC構築はなぜMAGENTOが優れた選択なのでしょうか?

ジェイグラブ株式会社の海外展開ブログ


越境EC構築はなぜMAGENTOが優れた選択なのでしょうか?

ノウハウ
支援事例紹介
海外出張
コンサルティング
越境ECサイト立上げ
EC運営代行
海外向けWEB作成
中国
香港
台湾
韓国
インド
シンガポール
マレーシア
インドネシア
タイ
フィリピン
米国
カナダ
イギリス
フランス
ドイツ
その他(欧州)
オーストラリア
ニュージーランド
その他(オセアニア)

2018年4月13日 22:16   2

越境EC機能としてまず一番重要なのが、多言語対応(60以上)と多通貨対応(60以上)に対応し、その国ごとに決済や商品価格、送料、税金など細やかに変化させられるかが肝になります。

Magentoはもともと越境EC専用に作られたもので、日本製のECカートやASP、パッケージでは言語の追加はできても、国ごとに異なる国際決済導入に莫大な費用と期間が掛かるだけでなく、海外向けに内部がローカライズできずSEO対策や各国向けに最適化ができず、結果として海外で売れず苦戦する傾向があります。

Magentoはその点、搭載されている機能も数億円レベルのECサイト同様の機能が搭載されており、ブランドやショップ毎に構築も可能です。さらにECサイトのレイアウト、決済方法、送料、配送、キャンペーン、クーポン、ポイントなどもきめ細かく国別に設定ができるので、世界で25万社が利用している最も多く利用実績のある越境EC専用のプラットフォームです。さらに弊社では低価格で短納期で構築完了できるプランをご用意しており、即座に越境EC事業、海外進出のできる世界最強のECサービスを提供しています。

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 2
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
越境ECに関する10の課題 (7〜10)
7.不正注文 他人のクレジットカード情報を無断利用してECサイト上で不正注文される被害があります。こ...
ロゴ
越境ECに関する10の課題 (4〜6)
4.デリバリーコスト・デリバリータイム 商品を注文してから、消費者に配達されるまでに要する時間が重...
ロゴ
越境ECに関する10の課題 (1〜3)
1.広告費用 販売実績や知名度が乏しい状況で単に日本製品という理由のみで商品が売れるはずはなく、既...
ロゴ
越境ECで主流の決済方法とは?
中国の越境EC決済方法はアリペイ(ALIPAY 支付宝)、ウィーチャットペイ(WECHATPAY 微信支付)などのサーバ...
ロゴ
2018年度IT導入補助金を活用した越境ECとは?
中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツール(越境ECサイト、RPAなどのITツールなど...
ロゴ
越境ECに取り組む際の各国の課題と留意点、売れ筋 (東南アジア)
東南アジアのAMAZONと言われるECモール「LAZADA」を中心にECモールで地元の消費者が購入することがあた...