海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 712
  • 登録相談数 105
  • 登録イベント数 637
  • ブログ投稿数 1,008
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > 価格勝負はしない 商人の流儀(株式会社共和)

アリババ株式会社の海外展開ブログ


価格勝負はしない 商人の流儀(株式会社共和)

支援事例紹介
販路開拓

2018年5月14日 08:24   0

世界遺産『東寺』に程近く、京都市南区に株式会社共和はある。
もともと溶接材料販売を生業としていた同社は、後に高圧ガスや機械工具の販売も手掛けるようになり、2017年には創業70年を迎えた。

同業他社の海外進出をテレビで見たことがきっかけ

「今すぐに海外に出なければいけないとは思っていませんでしたが、一方で国内市場はもうこの先伸びていかないなと感じていました。」
今から約20年前に社長に就任した西田賢央氏は、2010年代頃から海外に関心は持っていた。そんな時にたまたま見ていたテレビ番組で、ある大阪の同業他社がAlibaba.comを通じて海外輸出をしていることを知った。

「我々と同じ機械工具屋さんが海外にビジネスを展開しているということを、そこで初めて知りました。ちょうど息子が会社に戻ってくるタイミングも重なり、海外ビジネス全般の責任者として一任させてみようという事で、Alibaba.comの運用をスタートしました。」
海外からニーズの高い製品は準備できるのかといった懸念はあったものの、
『すべてやってみないと分からないもの、まずはやって見てそれから考える』というスタンスで出展を決め、息子の西田有佑氏を主担当者に据え運用を開始する。

後継者として入社した以上、中途半端なことはできない

社長の考えとは裏腹に、息子の有佑氏はいきなりの抜擢に不安を隠せなかったそう。実は、有佑氏の前職はルイ・ヴィトンの店舗での販売職。扱う製品もお客様も全く違う業界からの転職、それもいきなり海外事業の責任者だったため、さすがに動揺したという。
「ただでさえ商品知識が全くないのに、さらに売る相手が海外かと。英語も学校で勉強したくらいで、貿易に関する実務経験もなかったですから、正直社長に無茶振りされたと最初は思いました。」

【↓↓↓続きはダウンロードで↓↓↓】
https://aj-press.alibaba.co.jp/topic/id=241

■□■その他の記事を読みたい方■□■

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 0
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

画像
アリババ、マレーシア・クアラルンプールに事務所開設
アリババグループは、クアラルンプールに事務所を開設し、 マレーシアの中小企業のための「ワンス...
画像
アリババ、トルコのTRENDYOLに出資
アリババグループは、トルコの主要イーコマースプラットフォームTrendyolに出資すると発表しました...
画像
海外市場の開拓に必要なのは、長期的な視点(ニットーパック株式会社)
■ あらゆる商品を包むパッケージを生み出す会社 店舗に並ぶあらゆる商品を思い浮かべると、世の...
画像
海外輸送は難しくない!海外に商品を送る際に押さえたいポイント
海外市場に目を向けたとき、大きなハードルに感じられるのが発送業務。 商品の品質や提供価値に自...
画像
越境ECとは? 越境ECの種類やメリット、必要な準備を紹介!
1. はじめに 世界的なスマートフォンの普及により、国を超えた取引にも広がり続けるEC市場。 ...
画像
本当に良い物を売る 商売の本質(株式会社CLOVER TRADING)
大阪と京都の中間に位置する大阪府高槻市。ゆっくりと時間が流れる、大阪を代表するベッドタウンだ...