海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 714
  • 登録相談数 120
  • 登録イベント数 721
  • ブログ投稿数 1,273
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > 備えあれば憂いなし!貨物海上保険のここだけは押さえよう!

アリババ株式会社の海外展開ブログ


備えあれば憂いなし!貨物海上保険のここだけは押さえよう!

支援事例紹介
物流・貿易
中国
香港
台湾
韓国
インド
バングラディシュ
シンガポール
マレーシア
インドネシア
タイ
カンボジア
ベトナム
ミャンマー
フィリピン
ラオス
スリランカ
ブルネイ
その他(アジア)
米国
カナダ
メキシコ
ペルー
チリ
その他(中南米)
イギリス
フランス
ドイツ
その他(欧州)
オーストラリア
ニュージーランド
その他(オセアニア)

2018年5月30日 11:42   5

あなた「よーし。貨物を輸出する前に保険を掛けてっと・・・」

(数週間後)
外国社「チョット!!!貨物ガ雨水デ濡レテルヨ!弁償シテヨ!」

あなた「すみません!原因が何か船会社に確認します!」

あなた「ふう・・・。今回、ICC(A)条件を付保していて不幸中の幸いだったなぁ。」

「保険」というと、みなさんどんなイメージがあるでしょうか。
自動車保険だったり、生命保険だったり、そんなイメージをお持ちかと思いますが、貿易実務においても「保険」があります。貨物を守るための保険、それを「貨物海上保険」といいます。

今回も一緒に学習していきましょう。

①貨物海上保険って?
貿易は海外との取引なので、国内取引に比べ輸送距離も長くなります。距離が長くなった分、事故などのリスクが高くなるのが一般的です。輸送中に貨物が破損し、被害を受けた場合、これを補てんするために保険をかけておきます。

ここで注意ポイント!

貨物海上保険を掛けなくても貿易取引は・・・・・
もちろん可能です!

しかし、長距離輸送において貨物が損傷を受けるリスクがあります。
また輸送は天候にも左右されるため、思いがけぬ事態も起こってしまうこともあります。
国内取引と比べると輸送中のアクシデントが起こるケースもありますので、特に高額の貨物では、海上保険を利用することをオススメします。

②貨物海上保険はいつまでに申し込む?
貨物保険の保険が適用される期間は、原則として「輸出地点」から「輸入地点」までです。保険契約者は、その取引において輸送が開始する前に、「あらかじめ」貨物保険に加入する必要があります。

しかし売買契約を締結しても、「船名」、「出港日」等、貨物保険の申し込むに必要な情報が確定していません。この場合、保険契約者は「予定保険」に入り、その後「確定保険」に切り替えるのが一般的です。

③貨物海上保険は誰が申し込む?
さて、それでは誰が手続きをするのでしょうか。

これは前回のコラムでお話した「インコタームズ」に関係してきます。
例えばFOB条件の場合、保険契約者は輸入者になり、CIF条件の場合、保険契約者は輸出者になります。

インコタームズと貨物海上保険の関わりはとても密接なので、しっかりと内容を押さえるようにしましょう。

④貨物海上保険の基本条件とは?
貨物海上保険の対象とする損害内容は、ロンドンの保険業者協会が制定した『ICC約款』との保険条件に沿っています。この約款は定期的に改訂されていますが、2009年に改訂された内容が最新版です。ただし、こちらもインコタームズ同様、何年版であっても使用することができます。

さて、ここでは新ICCと、旧ICC「3条件」の内容をみていきましょう。

出典:最新貿易実務ベーシックマニュアル改訂2版(MHJ出版)

なお貨物海上保険は、海上輸送される貨物の「輸送中に起こりうる損害」をカバーするものです。そのため原因によっては貨物海上保険の対象にはなりません。このことを、「保険会社は保険金支払いの責任を免れる」という意味で、「免責」といいます。
例えば、次のものは通常の保険証券ではカバーされません。

「海上」という名前だけあって船だけかと思われる方も多いですが、空輸での輸送方法も対象です。飛行機での運搬ももちろん補償対象です。また、貿易取引についても輸出・輸入の他に、仲介貿易(三国間貿易)でも保証対象です。

いかがでしたか。
今回は「貨物海上保険」についてお話しました。

貿易取引を円滑に進めるためにも、しっかりと貨物海上保険を理解しましょう。

■□■その他の記事を読みたい方■□■

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 5
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

画像
海外販売パートナーへの販促支援策(任命書、販促ツール、情報共有など)
今回は海外販売パートナーと契約を結んだ後のメーカーとしての販促支援策について書きましょう。 ...
画像
貿易のプロ「フォワーダー」!直接お会いしていろいろ聞いてみました
国際物流で重要な役割を担う「フォワーダー」という業種をみなさんはご存知でしょうか? これから...
画像
持続可能な街づくりから 未来に残るビジネスを考える(第1回) オレゴン州 ポートランド レポート 前篇
大量生産・大量消費の経済システムが限界を迎えつつあります。 内閣府の「国民生活に関する世論...
画像
中小企業でもロボットを導入できる時代。話題の協働ロボットとは
日本では高齢化や人口減少が深刻な社会問題となっており、労働者不足に悩まされる中小企業も多いのでは...
画像
「商品の独自性を生むなんてムリ」と諦めている人へ!(株式会社花由)
競争の激しさが増すばかりの時代です。 商品でいまや独自性を創出するのはムリ、と諦めている人...
画像
鍵は差別化!競合に打ち勝った中小企業
■ はじめに 国内で戦うにしろ、世界に出るにしろ、どんな製品・サービスにも競合が必ず存在しま...