海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 714
  • 登録相談数 115
  • 登録イベント数 703
  • ブログ投稿数 1,208
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > 中国世界遺産、中国との交渉

ジーアーチ株式会社の海外展開ブログ


中国世界遺産、中国との交渉

海外現地事情
市場調査・現地調査
中国

2018年6月8日 20:49   6

私は北米を中心にビジネスを進めてきましたが、中国で多くの地域へ仕事で行く機会があり、例えば、天津、上海、北京、成都、深センに何度か訪問しました。

中国は、さすがに多くの世界遺産があり、北京の万里の長城、そして紫禁城は、最後の皇帝の舞台になった壮大なスケールの場所。そのなかでも私が特に感銘を受けたのは、杭州市の西湖です。

西湖は、2011年に世界遺産に登録されました。1万2千年前に形成された潟で、秦の始皇帝も立ち寄った場所。非常に美しい場所で、ハリウッド映画のミッション・インポッシブルの映画の舞台になり、トムクルーズがアクションを展開したのは有名で、最近のことと脳裏に刻まれています。緑茶の産地であり、美しい地域です、ぜひ、機会があれば訪問ください。

中国とのビジネスの交渉ですが、同じアジアではありますが、日本の交渉とは大きく異なっています。基本的には、お互いに弱みを見せる交渉はしませんし、譲歩もないと思ってください。大事なことは、まず、自己の主張をストレートに伝え、交渉決裂も辞さずの気持ちをしっかりと持ち協議を進めていくこと。そうすると次第に相手の本音が引き出せ、本来の交渉がようやくスタートできます。たとえ日本とは異なっているとはいえ、根気強く、誠実に進めていけば、最終的には信頼関係ができ、前に進めていくことができます。経験上、北米での交渉よりも、より多くの忍耐と巧妙な戦略が必要なことが多いです。交渉に向けては同じアジアではありますが、阿吽の呼吸をよしとする島国ではなく大陸文化がベースにあることを理解し、しっかりと準備をした上で、慎重に進めていくことが重要です。(https://garch.jp/consulting/archives/1713)

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 6
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
Tier 2部品メーカー30年後の未来予測(世界人口の推移と電動・自動運転化)
電動・自動化が急速に変化が有りますが、30年後のTier 2メーカーはどのようになっているでしょうか?...
ロゴ
メキシコへの進出(熟慮要)
日系企業のメキシコへの最初の挑戦 1994年に最初のNAFTAが発効され多くの日系企業がメキシコの進出...
ロゴ
MTMUS(Mazda Toyota Manufacturing USA INC)
マツダのアメリカへの挑戦の歴史① 1987年にミシガン州南部のフラットロックに工場を建設し、稼働を...
ロゴ
NAFTA(北米自由貿易協定)改定と日系自動車業界の挑戦
米国、カナダ、メキシコがNAFTA(北米自由貿易協定)再交渉の合意に達した。いよいよ自動車産業(Tier2、...
ロゴ
米国バージニア州経済開発機構<アメリカ進出候補地>
アメリカのサンベルト地帯(カリフォルニア州南部からバージニア州南部を結ぶ地帯; 航空機や精密機器等...
ロゴ
アメリカ視察旅行や現地調査で最初に確認すべき7つのポイント
アメリカ視察旅行や現地調査の際、訪問先でまず最初に確認すべき7つのポイントをご紹介します。 進出...