海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 714
  • 登録相談数 115
  • 登録イベント数 703
  • ブログ投稿数 1,208
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > 2040年、車の主流はガソリンやディーゼル車?(8割以上)

合同会社トロの海外展開ブログ


2040年、車の主流はガソリンやディーゼル車?(8割以上)

その他
海外出張
コンサルティング
展示会
販路開拓
営業支援
翻訳
通訳
中国
香港
台湾
韓国
インド
バングラディシュ
シンガポール
マレーシア
インドネシア
タイ
カンボジア
ベトナム
ミャンマー
フィリピン
ラオス
スリランカ
ブルネイ
その他(アジア)
米国
カナダ
メキシコ
ペルー
チリ
その他(中南米)
イギリス
フランス
ドイツ
その他(欧州)
ロシア
中東
オーストラリア
ニュージーランド
その他(オセアニア)

2018年6月9日 00:25   4

最近ほぼ毎日のように電気自動車関連のニュースを見聞きします。もうガソリンやディーゼルエンジンは消え去るの?
BPが予測した2040年のエネルギー情勢レポートの中に、車の動力タイプ別需要を見ることができます。URLは次の通りです(P36-37)。
https://www.bp.com/content/dam/bp/en/corporate/pdf/energy-economics/energy-outlook/bp-energy-outlook-2018.pdf

・2040年、世界の車総数は20億台(今の2倍)
・電気自動車(PHV含む)は約3億台
・ガソリン車やディーゼル車など内燃機関車は2040年になっても全体の8割以上を占める(内燃機関の中にはプラグインでない普通のハイブリッドを含む)

さて、2040年の車社会は一体どうなっているでしょうか? あと22年、長生きしてみましょう。

では。

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 4
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
大胆予想! TPP11は2019年1月、日EU-FTAは2019年2月1日に発効!(か?)
大胆予想です。もちろん政治がらみの話、しかも外国政府・議会もからむ話ゆえ、この通りに発効するかど...
ロゴ
多発するレンタル電動スクーターの事故 ~便利さとリスクのトレードオフ~
米国西海岸を中心に急成長しているレンタル電動スクーター。ところが利用者急増に伴って事故も増加して...
ロゴ
2019年以降、世界でこんなイノベーションが起こる!?
・いくつかの国で自動運転車が禁止される ・ゴミ収集車が自動運転化する ・スマホ画面が折り畳み式に...
ロゴ
アマゾンの賃金は非難されることなのか?(今でも小売大手他社より高い)
アマゾンが最低賃金(時給)を15ドルに上げる発表を行いました。従業員を低賃金で酷使していると非難さ...
ロゴ
バンコクに6千人収容の劇場、ついにオープン(2022年)
NBAの人気チームLA Lakersの本拠地Staples CenterやLondonのO2 Arenaなど娯楽施設を運営する米AEG社が、...
ロゴ
2018年 ノーベル賞発表予定(私には縁もゆかりもない話)
筆者には縁もゆかりもありませんが、2018年ノーベル賞の受賞者発表予定は次のようになっています。発表...