海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 714
  • 登録相談数 115
  • 登録イベント数 703
  • ブログ投稿数 1,209
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > アメリカでの組織再編による経営改善(業容拡大、子会社合併・本社移転(クロスステート)、営業網の効率化)【海外ビジネス事例②】

ジーアーチ株式会社の海外展開ブログ


アメリカでの組織再編による経営改善(業容拡大、子会社合併・本社移転(クロスステート)、営業網の効率化)【海外ビジネス事例②】

海外現地事情
市場調査・現地調査
コンサルティング
米国

2018年6月13日 17:31   6

アメリカ子会社の業績不振からの脱却
海外進出先での経営改善の方法に関しては色々な形が有ります。今回は、私が過去に現法社長として経験した実際のケースをベースとしたアメリカの二つの子会社の合併による経営改善の成功事例をご紹介します。

アメリカ内の子会社合併による健全経営化
アメリカのマサチューセッツ州ボストン郊外の日本の子会社を経営していた時期、別の子会社がニュージャージー州リンカンパークに在りました。ボストンの会社が工業系の機器、NJの会社は流通機器を扱っていました。不幸にも両社とも健全経営ではありませんでした、この状況を打破するためには、両子会社の合併が不可欠でした、しかしながら、ボストンの会社は従業員10名、NJの会社は20名で、本社はMAボストン、NJリンカンパークにあり、且つ 両社の支店は、それぞれアトランタ・サンフランシスコ、ロスアンゼルスに在り、改革の形をまとめることが非常に難しい状況にありました。

合併手法を用いた組織再編(アメリカ内における会社・支店ネットワークの再構築)
日本の本社から、私が案を練り、2社を合併することを進めるように指示がありました。一番苦慮したのは、従業員30名の処遇です。間違いなく、30名も必要なく、本社を一か所にし、支店縮小、人員縮小を断行することが最低条件で、且つ、売上高、客先への影響を最小限にすることが命題でした。

私は30名の全ての従業員と面談を実施し、その中で、営業、サービス、経理、総務のKey人物を設定し、彼らと会社改革チームを立ち上げ協力し変革を進めていきました。最終の形としては、従業員は15名、本社をサンフランシコに移動し、アトランタ、とNJには支店を設け、その結果、経費は半分に低減し、売上高は10%の低減に抑えることができました。

事例にみる経営健全化成功の鍵
これは、すべての従業員と真剣に話をし、解雇においても手厚く進めて、改革チームが一丸になり、同じ目的を共有できたことが合併の成功につながったと考えています、一人では何もできませんし、できるだけ現地のスタッフに任せ、最終的には自分が責任をとる姿勢が改革の成功に結び付きます。

アメリカでの組織再編による経営改善(業容拡大、子会社合併・本社移転(クロスステート)、営業網の効率化)【海外ビジネス事例②】

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 6
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
Tier 2部品メーカー30年後の未来予測(世界人口の推移と電動・自動運転化)
電動・自動化が急速に変化が有りますが、30年後のTier 2メーカーはどのようになっているでしょうか?...
ロゴ
メキシコへの進出(熟慮要)
日系企業のメキシコへの最初の挑戦 1994年に最初のNAFTAが発効され多くの日系企業がメキシコの進出...
ロゴ
MTMUS(Mazda Toyota Manufacturing USA INC)
マツダのアメリカへの挑戦の歴史① 1987年にミシガン州南部のフラットロックに工場を建設し、稼働を...
ロゴ
NAFTA(北米自由貿易協定)改定と日系自動車業界の挑戦
米国、カナダ、メキシコがNAFTA(北米自由貿易協定)再交渉の合意に達した。いよいよ自動車産業(Tier2、...
ロゴ
米国バージニア州経済開発機構<アメリカ進出候補地>
アメリカのサンベルト地帯(カリフォルニア州南部からバージニア州南部を結ぶ地帯; 航空機や精密機器等...
ロゴ
アメリカ視察旅行や現地調査で最初に確認すべき7つのポイント
アメリカ視察旅行や現地調査の際、訪問先でまず最初に確認すべき7つのポイントをご紹介します。 進出...