海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 732
  • 登録相談数 122
  • 登録イベント数 743
  • ブログ投稿数 1,319
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > 知財情報:最近感じること・商標

協明国際特許業務法人の海外展開ブログ


知財情報:最近感じること・商標

その他
リスク管理・リスク対応
法律
知財
中国
香港
台湾
韓国
インド
バングラディシュ
シンガポール
マレーシア
インドネシア
タイ
カンボジア
ベトナム
ミャンマー
フィリピン
ラオス
スリランカ
ブルネイ
その他(アジア)
米国
カナダ
メキシコ
ペルー
チリ
その他(中南米)
イギリス
フランス
ドイツ
その他(欧州)
オーストラリア
ニュージーランド
その他(オセアニア)

2018年6月26日 18:33   12

最近、ホームページをみて問い合わせくださるはじめてのお客様が増えています。また、しばらくご無沙汰していた方が、「商標出願しておこうと思うのだけど・・・」と問い合わせてくださいます。そのきっかけは、たとえばいままで問題なく使用していたメニューを近隣店舗で使用していることがわかった。商標出願中と表示されている。調べてほしい・・・という内容であったり、テレビ番組で紹介されることになった。権利化しておく必要はないでしょうか・・・という内容など様々ですが、、、これまで「権利」というと、だれかに「わたしの権利を侵害しないで!」と行使するイメージが先行して一般の人には敷居が高い印象だったところが、最近のクライアント様は、権利行使というよりは、自分の店舗名がだれかの権利を抵触していないか、突然店舗名が使えなくなるのは困るので、、、と防衛的に安心安全のためにリスクヘッジとして権利を取得しておきたいと考えるクライアント様が急増している実感があります。この考え方は、正しいと思います。新メニューを考案したとき、新店舗を出店されるとき、新商品を世に出すとき、だれかの権利を侵害していないか、、、配慮することで、そのあとのビジネスはスムーズに展開していけます。これは海外展開を検討されるときも同じです。そんなビジネスの一助として、知的財産を考えてみてはいかがでしょうか。
(協明国際特許業務法人 弁理士 沖本周子)

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 12
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
外国出願補助金は、今年度も!
昨年の今頃にもご案内しました外国出願補助金。今年度も中小企業等外国出願支援事業 として実施され...
ロゴ
INPIT-KANSAIをご存知ですか?
主に近畿の事業者様へ向けての情報になりますが、、、去年、大阪のグランフロントに「近畿統括本部(INP...
ロゴ
模倣品対策されていますか?
海外へのグローバル展開を考えるとき、 ブランド名を商標登録しておくことは、 かなり浸透してきてい...
ロゴ
インドネシア マドプロ加盟決定です!
すっかり更新が途絶えてしまっておりましたが、 「インドネシア」がマドプロに加盟することになりまし...
ロゴ
タイ マドプロ加盟が決定です!
先日のブログでマドプロ加盟国では『ない』とお知らせした 「タイ」がマドプロに加盟することになりま...
ロゴ
知財情報:外国商標 マドプロ加盟国ってどこ?
海外への商標出願を検討される際に、最近はご相談前にインターネット等を使って調べて来られることが多...