海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 712
  • 登録相談数 103
  • 登録イベント数 637
  • ブログ投稿数 1,007
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > ドイツ車ベンツ・BMWとアメリカ車GM

ジーアーチ株式会社の海外展開ブログ


ドイツ車ベンツ・BMWとアメリカ車GM

その他
市場調査・現地調査
米国
ドイツ

2018年6月30日 21:02   2

私の車の変遷は多岐にわたります。まず日産のサニーから始まり、マツダで働いていた時はマツダ車が必須だったのでファミリアの新古車を購入し通勤していました。その後、本田のアコードに乗り換えた時点で日本車とはお別れにしました。アメリカ滞在中はアメリカ車を使用するほうが客先を訪問する時に相手に対して配慮ができるだろうとの思いから、GMのシボレー、ビューイックを使っていましたが、個人的な所見ですが、その当時の昔のアメリカ車はさすがにしっかりとした車体で乗り心地はよかったのですが電気系の故障が頻繁に起こり大いに苦労させられました。

北米からの駐在が終わり、日本で働くようになった機会に、以前ドイツのアウトバーンで見た颯爽と走るドイツ車乗ってみようと思い、まずBMW500シリーズに乗りました。スポーティで非常にフットワークが良いのですが、何となく落ち着かない感じでした。その後、ベンツ200Cに乗り換えました。安定感及び相性は良かったのですが、全体的に狭く感じて少し窮屈でした。その後ベンツ300Eに変更し、スペースも十分あり、今までで一番自分に合った車と遭遇できた思いでした。たまに日本も場合、狭い道に入ってしまうと運転の際にひやひやすることもありますが、今後とも、もうしばらく継続してベンツに乗っていこうと思っています。

一方で自動車メーカー、部品メーカーに在籍し、多くの世界各地の自動車工場を視察や見学等をしてきましたので、車つくりの哲学がドイツ、日本は非常に似通っており、私個人としては安心感が有ります。

車だけではなく、色々なケースで相性と言うものが有ります。本当に自分が気に入った物に遭遇するには粘り強く、諦めずにいると必ず逢うことができます。

ドイツ車ベンツ・BMWとアメリカ車GM

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 2
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
人と車のテクノロジー展2018(名古屋)、日本の匠の技
本展示会は自動車技術者をターゲットにした、技術革新に特化した非常に特異な技術展示会であり、本年で2...
ロゴ
[イベント]人とくるまのテクノロジー展が名古屋で開催
自動車技術展(自動車技術会主催)は、日本の自動車業界の第一線で活躍する技術者・研究者のための専門...
ロゴ
JALマイルとANAマイル貯めるならおすすめは?
日本航空のJALマイレージバンクと全日空のANAマイレージクラブどちらがよい? 出張や旅行等で国内・海...
ロゴ
インディ500(アメリカのインディアナ州)決勝レース
インディ500(インディアナポリスの世界3大モータースポーツイベント) インディ500(Indianapol...
ロゴ
日本食のアメリカでの国際化、その変遷
私が初めてアメリカへビジネスで訪問したのは1980年台前半です、その頃はアメリカでの日本食は全く...
ロゴ
アメリカ、カナダの販売子会社の命運【海外ビジネス事例⑤】
アメリカ、カナダへの進出 アメリカ、カナダでの販売子会社(完成品:電気製品等)の成功は非常に困難...