海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 712
  • 登録相談数 103
  • 登録イベント数 637
  • ブログ投稿数 1,007
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > インディ500(アメリカのインディアナ州)決勝レース

ジーアーチ株式会社の海外展開ブログ


インディ500(アメリカのインディアナ州)決勝レース

イベント情報(告知 / 報告)
市場調査・現地調査
米国

2018年6月30日 21:03   2

インディ500(インディアナポリスの世界3大モータースポーツイベント)
インディ500(Indianapolis500)の決勝レースは毎年5月最終月曜日、メモリアルデーの前日の日曜日、すなわち5月24日~30日までの間、アメリカのインディアナ州で開催されるモータースポーツイベント。トラック一周2.5マイルを200周、走行距離500マイルで争う、世界三大レース(F1モナコGP, ルマン24)の一つとして有名。その中でも、インディ500は世界で最も偉大なレースと言われています。周回平均速度362km/h、決勝でも354km/hを超える。世界の周回レースカテゴリーの中でも最も早く、最高速度は380km/hに達するとのこと。

このレースは1911年以降毎年行われており、自動車大国のアメリカを代表するイベントとして、非常に歴史があります。日本勢としては、100年以上の歴史があるアメリカのイベントで、日本車であるホンダで日本のレーサーである佐藤琢磨が2017年に初めて日本人として優勝、アジア勢としても初であり、その偉業が日本でも大いに話題になりました。

観戦チケットを含めたテーラーメイドが可能
おかげで今年のレースは、日本人が多く観戦チケットを入手するのが非常に困難であったとのこと。弊社はインディアナ州政府と親しくしており、インディ500の観戦チケットは入手できます。私も来年は仕事の日程がうまくあえば、是非、観戦にいきたいと考えております。弊社はヨーロッパともコネクションが強い旅行会社も運営しているので、インディ500のみならず、上記のモナコ王国のF1モナコGP, フランスのルマン24等もお手配が可能。今後、こうしたレース観戦のご希望があれば、テーラーメードでの旅行パッケージを組むことができますので、是非 お問い合わせ下さい。

インディ500(アメリカのインディアナ州)決勝レース

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 2
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
人と車のテクノロジー展2018(名古屋)、日本の匠の技
本展示会は自動車技術者をターゲットにした、技術革新に特化した非常に特異な技術展示会であり、本年で2...
ロゴ
[イベント]人とくるまのテクノロジー展が名古屋で開催
自動車技術展(自動車技術会主催)は、日本の自動車業界の第一線で活躍する技術者・研究者のための専門...
ロゴ
JALマイルとANAマイル貯めるならおすすめは?
日本航空のJALマイレージバンクと全日空のANAマイレージクラブどちらがよい? 出張や旅行等で国内・海...
ロゴ
ドイツ車ベンツ・BMWとアメリカ車GM
私の車の変遷は多岐にわたります。まず日産のサニーから始まり、マツダで働いていた時はマツダ車が必須...
ロゴ
日本食のアメリカでの国際化、その変遷
私が初めてアメリカへビジネスで訪問したのは1980年台前半です、その頃はアメリカでの日本食は全く...
ロゴ
アメリカ、カナダの販売子会社の命運【海外ビジネス事例⑤】
アメリカ、カナダへの進出 アメリカ、カナダでの販売子会社(完成品:電気製品等)の成功は非常に困難...