海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 731
  • 登録相談数 120
  • 登録イベント数 773
  • ブログ投稿数 1,379
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > アメリカ視察旅行や現地調査で最初に確認すべき7つのポイント

ジーアーチ株式会社の海外展開ブログ


アメリカ視察旅行や現地調査で最初に確認すべき7つのポイント

イベント情報(告知 / 報告)
海外現地事情
市場調査・現地調査
海外出張
コンサルティング
販路開拓
米国
カナダ

2018年10月2日 11:32   3

アメリカ視察旅行や現地調査の際、訪問先でまず最初に確認すべき7つのポイントをご紹介します。

進出のレベルの違い
進出には色々なレベルがあります。例えば

①将来を考えるとアメリカ進出を考える必要がある(日本市場拡大の停滞、其の為、販路を新たに創出する必要がある)

②アメリカ進出を検討する必要があるが、まず、現地事情等の考察が必要である(種々の理由によりアメリカ進出は決定。

③既にアメリカ進出という方向性を決めているが、どの地域へ進出するか未定である。

④日本の取引先から要望を受け、アメリカ進出は避けられない選択である。

⑤アメリカ進出は決定しているものの、更なる客先の確保が必要である。

アメリカでの受け入れ態勢の違い
アメリカ国内の各州政府によっては外国の企業への支援のレベルは違います。

その理由は:

①州財政が豊かであるかそうではないかの違いから生じる

②州の主要産業がまず有り、その産業に関わる企業への支援は積極的であるが、その他は消極的の場合もある。

③州によっては、外国企業の進出レベルにより支援レベルを設定しているところもある(進出レベルの高低で支援レベルの高低が存在)。

④州、その地域の郡等での支援プログラムの選択肢が豊かか、そうでないかから違いから生じる。

⑤既に多くの日系企業が進出しており、新たな進出企業への支援体制が充実している。

⑥州の政策により費用が掛かるが、積極的に外国企業の誘致に関して意欲的である。

従って、貴社の進出計画、興味度等により各州からに支援に違いが生じることをご理解されことがまず大事です。

訪問先で最初に確認すべき7つのポイント
視察旅行を実行するにおいて、まず貴社においての進出のスタンスを明確にしていただくことが大事です。

其の上で、訪問先を数箇所設定し訪問することになります。

今後の進出先決定に向け、訪問先で最初に確認すべき事項は下記のポイントに絞られます。

①州政府、担当者が前向きであるか、その担当者が過去に外国企業を誘致した実績があるかどうか。

②州政府、担当者は州内の郡、市に対して交渉を貴社と協力してもらえるか。

③州政府、担当者が具体的なインセンティブプログラム(州税、市税の免除、土地費用の軽減等)を前向きに提案して頂けるか。

④州政府、担当者が積極的に協力メーカー、潜在顧客獲得へ前向きに動いてもらえるのか。

⑤州政府、担当者が人材バンクデータベースを紹介してもらえるのか。

⑥州政府、担当者が事務所、工場候補の場所を数箇所提案してもらえるのか。

⑦州政府、担当者が弁護士、会計士及ぶ日系協会を紹介してもらえるのか。

以上ですが、最も大事なのは、州担当者と如何に信頼関係を結び、その後、継続して協議ができるかがが大きな進出成功においてのポイントです。

最後に
アメリカへ進出を検討されている企業様へメッセージ
自動車部品メーカーの北米進出のご支援として、メキシコ、アメリカの各地、各州を訪問し、様々な交渉を通じ地域、州毎との違いを体感してきた経験、アメリカのマサチューセッツ州、カリフォルニア州及びカナダのオンタリオ州で、会社設立から会社経営を推進してきた経験等を踏まえ、他社にない様々な角度からの実践的なご支援ができると自負しています。

とくに、北米3か所での会社設立から経営の経験は、色々な反省と同時に良くやったとの思いが交差しています。今思えば、多くの人たちとの出会い、支援が有り今に至ると心から感謝しています。

でも、再度同じことに向かい挑戦する機会を与えられれば、もっと、もっと上手く実践することはできます。しかし、過去に戻ることはできませんので、今後、アメリカ進出される企業、個人に対して、私が経験してきたことを踏まえてご支援をしたいと切に思っています。是非、ご遠慮なくお問い合わせください。
https://garch.jp/consulting/archives/3228

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 3
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
(栃木県)米国インディアナ州ビジネス支援セミナー ~ローコスト&ローリスクで米国へ事業展開する方法~
本年1月25日に栃木県庁、インディアナ州駐日代表事務所と協力して下記のセミナーを開催します、非常...
ロゴ
(群馬県)米国インディアナ州貿易投資セミナー 新しい戦略でアメリカ市場に挑戦! ~ローコスト&ローリスクでアメリカへ事業展開する方法~
本年2月7日に群馬県において下記のセミナーを開催いたします、非常にユニークなセミナーですので、是...
ロゴ
ベトナムのコングロマリットの顧問就任
ジーアーチ株式会社はベトナムのハノイに本部を置くDEVYT CORPORATIONの日本法人DEVYT Japanの顧問に就...
画像
最小コスト&リスクでアメリカに進出する方法(新戦略で米国市場に挑戦!)
(主催)東京商工会議所貿易部会/(後援)インディアナ州経済開発局/(協力)ジーアーチ株式会社 〇アメリ...
画像
ベトナム市場への進出
詳細はリンク先をご参照ください。 明日はSWBS総合展示会 ブース NO.9でお待ちしています。 ...
ロゴ
レストラン、ラーメン店、居酒屋、雑貨店のあらゆる店舗展開の準備支援
ニューヨークに店舗を構え世界に大きく羽ばたく為、その第一歩の視察を具体的・かつ 全力でサポートを...