海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 732
  • 登録相談数 122
  • 登録イベント数 743
  • ブログ投稿数 1,319
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > ベトナム(ハノイ&ホーチミン)のオフィス事情

Go Asia Offices Japanの海外展開ブログ


ベトナム(ハノイ&ホーチミン)のオフィス事情

海外現地事情
事業紹介
レンタルオフィス
中国
香港
台湾
韓国
インド
バングラディシュ
シンガポール
マレーシア
インドネシア
タイ
カンボジア
ベトナム
ミャンマー
フィリピン
スリランカ
ブルネイ
その他(アジア)

2018年10月8日 15:22   5

ベトナム(ハノイ&ホーチミン)のオフィス事情は<空室率の低下、強いオフィス需要、限られた供給>の状態です。

経済成長、外資企業の進出が続くベトナム。国内のオフィス市場も活況が続いています。
ハノイとホーチミンのオフィスビル占有率は92%と96%と好調(特にAグレードビル)です。賃料も周辺アセアン都市に比べても高くなっています。
また、オフィスビル供給率がバンコク、クアラルンプールやジャカルタと比べても20%以上少ない状況にあり、しかも最新ビルも少ないのが現状です。

右肩上がりのオフィス需要(特にIT関連企業)で賃貸オフィスの料金上昇、来年以降竣工ビルも既存ビル以上の料金で予約が入る状況です。2019年のオフィスビル供給も限られ、Bグレードビルの賃料も上昇が予想されます。

この様な市場では、近年フレキシブルオフィス(サービスオフィスやコワーキングスペース)が注目を浴びています。
ベトナムでは昨年比でフレキシブルオフィスが62%も増えており、起業の増加、外資企業&ハイテク企業の増加、オフィスコストの見直しで利用企業が急増しています。
ハノイ&ホーチミン各都市の主要ランドマークビルにはほぼサービスオフィスがある状況になっています。

サービスオフィスの料金もここ数年上昇していますが、最新ビルに少人数でオフィスが確保、契約期間中に拡張も出来(数十名~数百名でも)、しかも契約期間を自由に設定できる柔軟性と初期コスト(オフィス造作コスト)が不要という点が多くの企業からの支持を得ています。
ベトナムでのオフィスを検討の企業様、ぜひお気軽にご相談下さい、ワンストップで支援いたします。

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 5
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

画像
ミャンマー:ヤンゴンのオフィス事情
数年前はシンガポール並みかそれ以上に高かったヤンゴンのオフィス賃料も最近はほぼ半額になってきて...
画像
マレーシア:クアラルンプールのサービスオフィス&コワーキングオフィス事情
クアラルンプールでは今年後半~来年にかけて新しいサービス&コワーキングオフィスが続々オープン...
画像
ハノイ:サービス&コワーキングオフィスがオープンします!
ベトナム、ハノイ中心部に最大規模のサービス&コワーキングオフィスがオープンします。(ビル1棟...
画像
シンガポールのサービスオフィス&コワーキングオフィス事情
シンガポールのサービスオフィス&コワーキングオフィス状況 #シンガポール #サービスオフィス ...
画像
タイ:バンコクのサービスオフィス&コワーキングオフィス事情
ASEANの都市でも、今年になり急速にコワーキングオフィスが急増しています。 タイ、バンコクで...
画像
オフィスは、”利用”する時代です!
アジアの多くの国で賃貸オフィスを契約すると、通常2~3年以上の契約が普通です、勿論日本と違い...