海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 714
  • 登録相談数 115
  • 登録イベント数 705
  • ブログ投稿数 1,211
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > アフリカ!!Japan-Africa Business Fair報告 (TICAD7閣僚会合サイドイベント)

株式会社アセンティア・ホールディングスの海外展開ブログ


アフリカ!!Japan-Africa Business Fair報告 (TICAD7閣僚会合サイドイベント)

イベント情報(告知 / 報告)
コンサルティング
計画策定
アフリカ

2018年10月8日 23:25   1

10月7日、台風一過の快晴の東京プリンスホテルで開催されたJapan-Africa Business Fair (TICAD7閣僚会合サイドイベント)に弊社アセンティア・ホールディングスは出展いたしました。
外務省ページ>>
https://www.mofa.go.jp/mofaj/af/af1/page25_001649.html

TICADというのは、日本が主導で開催しているアフリカ開発会議で、2019年8月に横浜で開催される各国首脳が集まる第7回会合TICAD7の準備会合として閣僚会合(大臣や政府役人クラスの会合)が開催されました。

そんな場所に弊社が何故?
実はアフリカの経済発展のためには零細~中小企業の成長が不可欠なのです。
アフリカ各国は豊富な鉱物資源等の恩恵で、欧米や中国等の企業の進出が激しいが、地元に雇用以外の恩恵がないことを懸念しています。
外資企業で働くと多少のカネは手に入ります。
しかし、ノウハウや企業の利益は全て本国に持ち帰られ、地元には残りません。
すると、地元社会はいびつな格差社会になってしまうのです。

日本をはじめ東アジアの国の経済発展には、
繊維産業などの軽工業の発展がありました。
そして軽工業から重工業へとシフトしていきました。人々は工場労働の中で様々なことを学び、次第に3次産業が拡充していきました。

しかし、今はいきなりITです。

多くの方がいきなりITを使い始めるのです。
経営者もITしか知らないで事業が出来てしまうのです。
そこに懸念があるようです。

多くの国民が様々な仕事に就き、仕事を通じて社会や組織を学び、マネジメントを学ぶ環境が必要で、その矛先に・・・
そう、日本のフランチャイズがあるのではないか?という提案をするために、弊社アセンティア・ホールディングスは出展したのです。

フランチャイズ加盟して経営を学ぶ・・・

アフリカへ提案を開始しました。

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 1
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

画像
日本の伝統的食品の海外展開:新しい形
日本の伝統食品「味噌」 これだけでは中々輸出拡大は出来ません。 「食べ方」をセットして提案する...
画像
ご支援実績をまとめました
日本のサービス業の海外展開支援を開始して丸8年。 進出先も来春開業のモンゴル含め17ヵ国目になります...
画像
Monthly ASSENTIA (Oct2018)
Monthly ASSENTIAは、弊社の海外顧客向けに配信しているメールニュースです。 今回は、その内容の一...
画像
New shop open(オーストラリア、パース)
■■New shop open■■ アセンティア・ホールディングスがサポートするフランチャイズ本部は日本から世界中...
画像
人口構造に勝るもの無し!
「前年比売り上げを超えることが難しくなって、もう何年経つのだろう?」新卒初任給も1990年代初頭から...
画像
GDPに騙されるな
■「ビグマック係数」というものをご存知でしょうか? ■ 上のグラフは、マクドナルドのビッグマック...