海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 733
  • 登録相談数 127
  • 登録イベント数 841
  • ブログ投稿数 1,510
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > 多発するレンタル電動スクーターの事故 ~便利さとリスクのトレードオフ~

合同会社トロの海外展開ブログ


多発するレンタル電動スクーターの事故 ~便利さとリスクのトレードオフ~

海外現地事情
市場調査・現地調査
海外出張
コンサルティング
物流・貿易
展示会
販路開拓
営業支援
翻訳
通訳
米国

2018年10月9日 11:56   3

米国西海岸を中心に急成長しているレンタル電動スクーター。ところが利用者急増に伴って事故も増加しています。自転車専用レーンを走る電動スクーターですが、ほとんどの利用者はヘルメットをかぶっていません。スマートフォンで手軽にチョイ乗りできるところが人気の1つですが、その手軽さが安全面をないがしろにしている、という非難も出ています。夜間走行用のライトがない、ブレーキがお粗末(あるいはない)、車両の安全状況は利用者が乗る前に確認(整備無し?)、というような問題点を指摘され、事業者はいろいろな対策を打ち出しつつあります。

・ブレーキ性能を強化する(ブレーキを付ける)
・利用約款を厳格化し、免責事項に合意してもらう
・車両の最高スピードを時速15マイル(24キロ)とする
・夜9時以降の利用ができないよう(バッテリー充電係が?)スクーターのバッテリーをはずす
・屋外に放置されっぱなしでもボディが劣化しにくいような機種を導入する

お手軽さが利用者の急増に結びつきましたが、安全性という重要な要素を後追いで付け加えるとコスト増、そして成長に大きなブレーキがかかりそうです。事業の設計段階から「利便性」と「リスク」という両輪を考えないといけないということですね。

では

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 3
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
アセアン プラス 日印豪NZ中韓=RCEP の見通し
日本が結んでいるメガFTA/EPAには、日アセアン、TPP11(CPTPP)、日EUがあります。ここに新登場するのがR...
ロゴ
ラマダン明ける!
2019年のラマダン(断食月)が明けました。6月5日から7日にかけてラマダン明けを祝い、多くのイスラム教...
ロゴ
4月1日、新年度と共にFTA/EPA特恵関税率がまた下がる!
新年度の開始と共に日本のFTA/EPA輸入関税率がまた下がります。2019年2月1日に発効したばかりの日EUのFT...
画像
サマータイム はじめました!(米3.10. EU3.31. イスラエル3.29.)
夏が近づくと「冷やし中華 はじめました!」とかの貼り紙が飲食店で見られますね。米国では一足早く3月...
画像
ベトナムでのイベント総合支援は日系のエクス・アドメディアさんを一押し!
ベトナム! 大きな可能性を秘めた国ですね。数学オリンピックで日本(灘、開成、筑波大駒場などから代...
ロゴ
TPP11(CPTPP)は使えるのか?発効から間もなく3か月!
結論から言いますと、TPP11関係の問合せは非常にスロー(低調)です。一方、日EUはBUSYです(後述)。弊...