海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 714
  • 登録相談数 120
  • 登録イベント数 719
  • ブログ投稿数 1,269
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > 海外販売パートナーの重要性

アリババ株式会社の海外展開ブログ


海外販売パートナーの重要性

ノウハウ
販路開拓

2018年10月30日 08:20   4

海外に販売パートナーをもつ有利さと重要性について更に語りましょう。

ある業界で2位のメーカーがありました。これをB社としましょう。
アジアに製品を売りこみたかったのですが、アジア各国の主要ディストリビューターはすべて日本1位のメーカーA社が抑えていました。結果としてアジア市場になかなか入れないでイライラしていました。

そのB社の営業担当者、とあるきっかけで、某国でA社製品を扱うディストリビューターの社長と夕食をともにする事ができました。当然ながら「ぜひ我々B社の製品も販売してくれないか」と頼んだそうです。

社長「担当者さん、あなたも知っているように、我々はA社製品の販売をしている。もしB社の製品も扱う事になったら、A社としては面白くないでしょう。だから残念ながら我々、会社としてB社の製品を扱うのはムツカシイんです。」

ここまでは予想された発言です。しかし、次に驚くべき発言がでます。

社長「しかしながら、私が個人的にB社のセールスレップ(エージェント)になることは可能です。」

この発言にピンときた担当者、その場で「分かりました。社長、あなたが個人的に我々のセールスレップになってください。」と頼んだそうです。

この社長にしてみれば、A社の製品をいくら売っても、ディストリビューターとしての会社が儲かるだけです。しかしB社の製品を売れば、自分に個人的にコミッション(成功報酬)が入ってくるのです。

結果として彼はB社の販売に注力して、アジア地域の販売はこの社長のいる国だけは圧倒的に逆転したのです。

この話は有力な販売パートナーをもつ有利さと同時にメーカー側がディストリビューターとセールスレップ(エージェント)の違いを明確に認識している事の重要性を物語っています。
セールスレップは自分が買うわけではないので資金力がいりません。人脈と営業力ささえあればその販売を任せる事ができるのです。

上記のような例、「倫理的にいかがなものか?」という人もいると思います。しかしながら、今、実際に世界中ではこういった形で競争がおきているのです。

製品の品質の良さばかりを語るだけではダメです。よい販売パートナーを見つける事、彼らに適切な提案をする重要性を理解していただければと思います。

■□■その他の記事を読みたい方■□■

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 4
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

画像
持続可能な街づくりから 未来に残るビジネスを考える(第1回) オレゴン州 ポートランド レポート 前篇
大量生産・大量消費の経済システムが限界を迎えつつあります。 内閣府の「国民生活に関する世論...
画像
中小企業でもロボットを導入できる時代。話題の協働ロボットとは
日本では高齢化や人口減少が深刻な社会問題となっており、労働者不足に悩まされる中小企業も多いのでは...
画像
「商品の独自性を生むなんてムリ」と諦めている人へ!(株式会社花由)
競争の激しさが増すばかりの時代です。 商品でいまや独自性を創出するのはムリ、と諦めている人...
画像
鍵は差別化!競合に打ち勝った中小企業
■ はじめに 国内で戦うにしろ、世界に出るにしろ、どんな製品・サービスにも競合が必ず存在しま...
画像
ネット集客が見込める?中小企業がオウンドメディアを活用するメリットとは
はじめに 中小企業が新たにネット集客を考えるなら、オウンドメディアは検討する価値があります。 今...
画像
「過剰品質」が中小企業の武器になる!(久米繊維工業株式会社)
1枚のTシャツが、税別1万1000円。 海外の高級ブランドの話ではありません。東京都の墨田区に本...