海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 731
  • 登録相談数 122
  • 登録イベント数 792
  • ブログ投稿数 1,434
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > 原産地証明書発給の費用はどちら負担? 売主? 買主?

合同会社トロの海外展開ブログ


原産地証明書発給の費用はどちら負担? 売主? 買主?

ノウハウ
市場調査・現地調査
コンサルティング
物流・貿易
展示会
販路開拓
営業支援
翻訳
通訳
インド
シンガポール
マレーシア
インドネシア
タイ
カンボジア
ベトナム
ミャンマー
フィリピン
ラオス
ブルネイ
カナダ
メキシコ
ペルー
イギリス
フランス
ドイツ
その他(欧州)
オーストラリア
ニュージーランド

2018年12月19日 10:34   4

TPP11や日EUとのFTAは自社による原産地証明書発行ゆえ書面発行料金という意味での費用はかかりません。しかし、既存の日タイや日ASEANといったFTA/EPAのために日本商工会議所(および地方事務所)で発給してもらう特定原産地証明書には費用がかかります。それは、売主(輸出側)、あるいは買主(輸入側)、どちらが負担すべきものなのでしょうか?
もちろん日本商工会議所(および地方事務所)には輸出者(あるいは生産者)が直接発給費用を支払います。基本的な料金として、1件あたり2千円、それに品目数かける500円の合計額が書類発給額となります。
その原産地証明書により関税削減メリットを受けるのは輸入者です。輸入者が実際の受益者であるのに、原産地証明書の発給費用は輸出者が負担する???
果たしてその費用を買主(輸入者)に請求できるのでしょうか?

日本商工会議所の一般貿易用語集で検索すると、FOBの欄に原産地証明書の費用負担者について記載があります。
同サイト:https://www.jcci.or.jp/gensanchi/glossary/index.html
それによれば、説明②の中で「原産地証明書料は買主の負担」と記載されています。
FOBやCIFといった貿易条件の定義をするインコタームズ2010においても、FOB/FCA/CIF/CIPといった条件の説明の中で、売主の義務A-10に次のように記載されています。
原産地証明書費用は(買主からの要請で売主が手配するものゆえ)、売主から買主に請求するべし、という旨の記載があります。
http://halleycables.com/img/cms/INCOTERMS%202010%20Guide.pdf
(216ページの中の104ページ上部にFCAにおけるA-10項目の説明があります)

では、その費用を都度買主に請求してよいものでしょうか?
場合によっては数千円のこともある書類発給費用を都度請求することは現実的ではありませんね。海外取引先が関係会社ならば毎月の決済で相殺するというのが現実的でしょう。
資本関係がない取引先ならば、関税削減メリットを双方が理解した上でその削減額を双方で分け合い(輸出側からすれば値上げする)、値上げ幅の中で書類発給料を吸収するというのが現実的処理方法と思います。
大前提として、売主側の貨物がしっかりと原産地規則の条件を満たしており、FTA関税率引き下げが可能である、ことは言うまでもありません。

では

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 4
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
日EU-FTAの原産地証明文言はInvoiceやPacking Listに記載する(URLあり)
2019年2月1日から日EU-FTAを利用できるようになりました。双方にメリットあり、ということで盛んにメデ...
ロゴ
スーパーボウルのCMは今年も30秒520万ドル! で、アマゾンは?!
全米最大のスポーツイベント「スーパーボウル」が現地2月3日(日)にキックオフです。今年は東西対決(...
画像
世界4位の自動車市場インドでドイツ車シェアは数パーセント
2017年にインドが販売台数でドイツを抜き、世界4位の自動車市場になりました。調査会社の中には、インド...
画像
どちらが細長いですか?(錯覚)
左の絵には2つの机が並べられています。さて、AとBの机、どちらが細長いでしょうか? 答えは、どちらも...
画像
多国籍企業300社のイスラエル研究拠点平均月給は1万ドル?
CES2019が終わりました。5GやAI搭載機器が主に注目を集めた2019年だったようです。 日進月歩の製品やサ...
画像
部分日食が終わった。次は12月26日に金環日食だ(シンガポール南部他)
久しぶりの日食が終わりました。生憎私の住む阪神地区は曇りがちで、少ししか見ることができませんでし...