海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 731
  • 登録相談数 120
  • 登録イベント数 773
  • ブログ投稿数 1,379
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > SDGsビジネスによるアフリカ展開と紛争の予防

JCCP M株式会社の海外展開ブログ


SDGsビジネスによるアフリカ展開と紛争の予防

海外現地事情
ノウハウ
その他
海外出張
コンサルティング
計画策定
展示会
マッチング
販路開拓
営業支援
テスト販売
補助金
リスク管理・リスク対応
インド
シンガポール
マレーシア
インドネシア
タイ
カンボジア
ベトナム
ミャンマー
フィリピン
ラオス
その他(欧州)
中東
アフリカ

2019年1月3日 16:18   6

新年、明けましておめでとうございます。今年もここで様々な話題をご提供していきたいと思いますので、よろしくお願い致します。今回はアフリカでのSDGsビジネスをアフリカの紛争の予防に役立てようという話です。

ひと言で紛争といっても、時代が変わって、現在では紛争の形も大きく様変わりしています。前世紀終盤、1991年に東西冷戦が終焉して以降、東西陣営の熾烈な争いは影を潜めましたが、一方で、世界の各地で様々な地域紛争が生じるようになりました。そして今世紀になり、2001年の9.11同時多発テロを契機として、世界各国政府はテロとの戦いを掲げ、地域の過激派や反政府勢力と対立する戦い、いわゆる地域紛争へと戦争の形が大きく変わっていきました。このような戦いでいつも犠牲者になってきたのは、その地域に住む、いわゆる貧困層と言われてきた人たちです。政府と対立する過激派や政治勢力はこのような貧困に喘ぐ人々の足元を見て、政府に不満を持つ人々を巻き込み、時には戦闘要員として雇用し、政府や国際社会と激しく、そして長く対立を繰り返してきました。貧困は常に過激派や反政府勢力が入り込む隙を与えてしまうのです。

ここでアフリカの地域紛争に着目してみましょう。冷戦終焉後、アフリカでも多くの地域紛争が勃発してきました。有名な紛争では1990年代初頭に勃発し、結果的に民族の大虐殺につながったルワンダ紛争、ハリウッド映画で一躍脚光を浴び、現在も続いているソマリア内戦、民族浄化の事例として世界で着目され、現在も進行中であるスーダンでのダルフール紛争など、非常の多くの紛争が発生し、そして現在も続いている紛争も数多く存在します。また過激派によるテロや暴力行為も多く、例えば学校が襲撃され、多くの女学生が拉致されたことで一躍有名になったボコ・ハラムによるナイジェリアでの襲撃事件、西アフリカのサハラ砂漠周辺で多数発生しているトゥアレグ族によるテロや拉致事件、貧困に喘ぐ漁師たちがビジネスとして始めたと話題になったソマリア沿岸での海賊行為など、多くの事件が発生しています。これらアフリカでの紛争やテロ、暴力行為を阻止できる手立ては、簡単には見つかりません。しかしながら、その多くの背景にあるのは、地域住民の貧困であり、この貧困を減らすことができれば、紛争やテロ等が発生する蓋然性を少しは低下させることができると言えます。

では、私たち日本人がアフリカの貧困を減らすために行える支援には、どのような方法があるのでしょうか?旧来の方法では、政府開発援助(ODA)による資金提供という方法がありましたが、これは貧困の削減を側面支援する間接的な方法にはなり得ても、実は貧困を減らすための直接的な方法ではありません。では直接的に貧困を減らすためには、どのような方法があるのでしょうか?最も確かな方法は、アフリカに投資し、雇用を創出する方法です。投資の方法には様々な形があります。現地に支店を設立する方法、現地法人を設立する方法、現地企業と業務提携する方法など、それぞれの業種に応じ、様々な方法があります。

しかし、アフリカに投資して、日本に住む我々に何のメリットがあるのでしょうか?そこにSDGs(持続可能な開発目標)が関係してきます。SDGsの達成具合を示すために、SDGsインデックススコアという指標があります。2018年に発表された同スコアを確認すると、同スコアの世界平均は64.9であるのに対し、アフリカは52.8であり、世界で同スコアが最も低い地域となっています。更に同スコアが50未満の国としては、アフリカではまだ13カ国も存在することが明らかになっています。この数値が意味しているところは何なのか?それは、アフリカには数多くのビジネスチャンスが存在しているということです。これは、今現在、日本で展開しているビジネスをアフリカに持っていったら、そのままのビジネスモデルでアフリカでも通用する可能性が数多く秘められているということでもあります。もちろん、アフリカと日本ではビジネス環境が大きく違う部分もあるため、修正も必要になるでしょう。とは言っても、「自社のビジネスがアフリカでも通用するのだろうか?」、これを確認してみる価値は十分にあります。

「だれひとり取り残さない。」

これがSDGsの精神であり、世界がSDGsの達成を支持する限り、アフリカへの世界からの投資額は今後、急拡大するでしょう。ある試算によると、SDGs関連ビジネスは全世界で約3,650兆円にのぼるとも言われています。従って、このSDGs関連ビジネスに対するモチベーションが高まり、持続性を持ってくれれば、アフリカでの紛争の予防も夢ではなくなるのかも知れません。

(SDGsビジネスやアフリカビジネス、貧困削減、紛争予防等に関するご質問、お問い合わせ等がございましたら、遠慮なく当社までご連絡下さい。)

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 6
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
【2/18(月)開催】JICA中小企業・SDGsビジネス支援事業の活用に向けた「民間企業とコンサルタントのマッチング会2019」
この度、独立行政法人 国際協力機構(JICA)主催で、JICA中小企業・SDGsビジネス支援事業の活用に向けた...
ロゴ
途上国開発の鍵を握るSDGsビジネス(その③)
SDGs(持続的な開発目標)は2015年に国連総会で採択された国際的な開発目標です。本来、このような国際...
ロゴ
途上国開発の鍵を握るSDGsビジネス(その②)
SDGs(持続的な開発目標)は2015年に国連総会で採択された国際的な開発目標です。本来、このような国際...
ロゴ
途上国開発の鍵を握るSDGsビジネス(その①)
SDGs(持続的な開発目標)は2015年に国連総会で採択された国際的な開発目標です。本来、このような国際...
画像
せっかく海外事業を始めるのであれば、SDGsの視点を取り込みませんか?
皆さん、「SDGs」というワードを聞いたことがありますか? 「SDGs」とは「Sustainable Development G...
ロゴ
【11/2開催】「SWBS海外ビジネス総合展2018」に出展します。
今週11月2日(金)に開催される「SWBS海外ビジネス総合展2018」に出展します。 https://swbs.smrj.go...