海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 735
  • 登録相談数 128
  • 登録イベント数 869
  • ブログ投稿数 1,552
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > アリババクラウド、日本に2か所目となるデータセンターをオープン

アリババ株式会社の海外展開ブログ


アリババクラウド、日本に2か所目となるデータセンターをオープン

ノウハウ

2019年2月13日 09:46   3

アリババグループのクラウドコンピューティング部門は、日本に2か所目となるデータセンターを立ち上げた。

Alibaba Cloudの1月10日の発表によると、従来の処理速度を大きく超える25Gネットワークインフラストラクチャと、機械学習に必要な高速のグラフィック処理を可能にするGN5インスタンスなど、最先端の製品を提供するという。

データセンターが2か所になることで、アリババクラウドの一連のサービスは、Eコマースやゲーム、メディア、製造業、IoTなどの分野で活用できる、エラスティックコンピューティング、画像検索、データベース、ストレージ、ネットワーキング、サーバーロードバランサー、セキュリティおよび災害復旧サービスなど50以上の製品に拡大される。

「当社の製品や機能をさらに拡大することで、日本におけるお客様のデジタルトランスフォーメーションおよびイノベーションプロジェクトをサポートできることを非常に嬉しく思います」

アリババ・クラウド・ジャパンのゼネラルマネジャー、ユニーク・ソンは、次のように述べる。

「世界中で最も成熟した市場の1つである日本に対する、献身的な取り組みの証です。私たちは、地元のパートナーや開発者コミュニティと共に、日本のお客様だけでなく、日本のクラウドサービスから利益を得ることができるグローバルクライアントに、一流の技術、検証済みソリューション、そしてゆるぎないサービスコミットメントを提供したいと願っています」(Alibaba Cloud Japan GM:Unique Song)

2016年に、Alibaba Cloudは日本の大手ソフトバンクと提携し、日本でサービスを開始するための合弁会社SB Cloudを設立、Alibaba Cloudとして最初のデータセンターをローンチした。
Alibaba Cloudは、世界を複数のエリアに分割し、アベイラビリティゾーンを広げており、それぞれのアベイラビリティーゾーンにはそれぞれデータセンターを設置している。
今回のローンチにより、現在、Alibaba Cloudは世界19地域に56のアベイラビリティーゾーンを持つことになる。

■□■その他の記事を読みたい方■□■

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 3
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
日本の製造業が目指す『コネクテッド・インダストリーズ』とは?
ものづくりに携わる皆さんは「コネクテッド・インダストリーズ(Connected Industries)」という言葉を聞...
ロゴ
「諦められていた」部分に斬り込む価値!(TAPP)
いきなりの質問で恐縮ですが、皆さん、丸のままの魚をうまくさばくことはできますか。 「そんなの、...
ロゴ
手ぬぐいを世界へ!創業120年の老舗問屋が挑む海外展開 神野織物株式会社
大阪府吹田市に本社を構える神野織物株式会社は、創業120年を数える、老舗の手ぬぐい問屋だ。顧客からの...
ロゴ
Alibaba.comで成果を出している企業の特徴とは?
インターネットを活用して、日本にいながら取引先を探せるAlibaba.com。 サービス名は知っていても、具...
ロゴ
中小企業こそSDGsに取り組むべき理由~「三方よし」の実現に向けて
「SDGs」という言葉を耳にしたことはありますか?SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発...
ロゴ
製造業がサプライチェーンマネジメントに取り組むことで期待できる効果とは
製造業や小売業の企業にとって調達する材料や製造する製品数を最適化することは重要な課題の一つです。 ...