海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 733
  • 登録相談数 127
  • 登録イベント数 841
  • ブログ投稿数 1,510
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > はじめての輸出前に確認したい!輸出法令で求められる手続きとは

アリババ株式会社の海外展開ブログ


はじめての輸出前に確認したい!輸出法令で求められる手続きとは

ノウハウ

2019年6月11日 11:43   4

前回は、海外の企業と取引を始める前に知っておきたい輸出管理制度の概要について解説しました。今回は、実際に輸出管理制度に則ってどのような手続きをすればよいのかについてお話していきたいと思います。

■輸出してホントにOK?取引審査をしよう

自社の製品を輸出するときには、相手が取引をしてもよい相手か、また自社の製品をどこで使うのかを調べます。これを「取引審査」と言います。また、国内の企業と取引をするときも、海外に転売される可能性のあるときには取引審査が必要です。

・輸出してOKな相手かどうか
製品や技術を海外に輸出・提供する際は、次の4つのポイントを確認します。

①輸入者はどこのだれか。輸入者とエンドユーザーが異なるとき、両者はどういうつながりか。また、貨物・技術はどういうルートをたどるか。
②エンドユーザーの事業内容と貨物・技術の用途はあっているか。貨物の量は妥当か。
③エンドユーザーは軍需産業ではないか。また軍需産業やテロ組織と関係はないか。
④貨物や技術がどこで使われるのか。管理方法は問題ないか。

・国内取引も取引審査が必要なワケ
意外かもしれませんが、国内の企業どうしの取引の場合でも、取引審査をします。なぜなら、取引相手がウラで犯罪組織とつながっているかもしれませんし、兵器をつくっている海外の企業に売りわたす可能性もあるからです。そうなると、自社も間接的にそういった組織・企業活動に加担してしまうことになってしまいます。

したがって国内取引の場合でも、まず取引先が軍需産業やテロ組織にかかわっていないか、自社の貨物や技術が国内で使用・消費されるかどうかを確認します。

国内で使用・消費されるかどうかわからないとき、また製品が海外に転売される可能性があるときは、上記の「輸出等取引の場合」と同じようにチェックを行い、リスト規制やキャッチオール規制にあたるかどうかも判定します。それらに該当し、先方に求められた場合は、判定書を提出します。

→この記事の続きを読む
https://aj-press.alibaba.co.jp/topics/id=950

■□■その他の記事を読みたい方■□■
https://aj-press.alibaba.co.jp/

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 4
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
資生堂が中国市場への販売のため、Tmallと戦略連携(翻訳記事)
新資生堂事務所の重要な使命は、資生堂は中国の消費者向け製品を開発するための専門オフィスを、アリバ...
ロゴ
もし不正輸出をしてしまったらどうなる?実際にあった事例もあわせてご紹介
前回は、輸出前の事前審査や輸出許可の種類・申請方法について解説しました。では、もし事前審査や許可...
ロゴ
こんなところにも使われていた?!将来生活の一部になりうるARとは?
新聞やニュースで最近よく聞く「AR」、「VR」という言葉。なんとなくのイメージしか理解していない方も...
ロゴ
中国最大の中古品取引サイト「閑魚」とは(翻訳記事)
中国には新しいファッショントレンドがあります。 これは、ネットショップでの購入と同じくらい簡単に...
ロゴ
素人でもここまで撮れる!自社で商品を物撮りするときのコツ (後編)
前編はカメラの基本についての説明でしたが、F値、シャッタースピード、ISO感度の3つの値については理...
画像
実例から学ぶ! 中小企業マーケティングの新鉄則(第19回) 「差がない」と「ほとんど差がない」は違う!(北の屋台、十勝乃長屋)
もう10年以上前の話になります。雑誌編集長として、私は、家電製品やクルマなどの商品チェック、あ...

著者


アリババ株式会社


最新の記事

資生堂が中国市場への販売のため、Tmallと戦略連携(翻訳記事)

もし不正輸出をしてしまったらどうなる?実際にあった事例もあわせてご紹介

こんなところにも使われていた?!将来生活の一部になりうるARとは?

中国最大の中古品取引サイト「閑魚」とは(翻訳記事)

素人でもここまで撮れる!自社で商品を物撮りするときのコツ (後編)

はじめての輸出前に確認したい!輸出法令で求められる手続きとは

実例から学ぶ! 中小企業マーケティングの新鉄則(第19回) 「差がない」と「ほとんど差がない」は違う!(北の屋台、十勝乃長屋)

素人でもここまで撮れる!自社で商品を物撮りするときのコツ(前編)

初めて輸出するときに注意したい!日本における4つの輸出規制とは

Alibaba.comとオフィス・デポが戦略的提携

働き方改革を実現するRPAの実力

日本刀に込められた伝統技術と先端技術が融合した刃物で世界を驚かす。(関兼次刃物株式会社)

実例から学ぶ! 中小企業マーケティングの新鉄則(第18回) 「…のように」ではなくて「…を超える」

中小企業の海外展開事例から学ぶ 強みを活かしたプロモーションについて

ペイドメディアだけではいけない? 製造業のソーシャルメディア活用で期待できる効果とは